チョコレートはニキビ・肌荒れの原因になるって本当?

チョコレート

「チョコレートを食べ過ぎるとニキビができちゃうの。」と言っている方、いますよね。実体験からそう思われているのだろうと思いますが、勘違いってことはないのでしょうか。あまりによく言われていることなので、少し気になるところです。

結論から言うと、チョコレートとニキビの因果関係は、あると言えばあるし、ないと言えばないというのが本当のところです。どっちつかずじゃないかという声が聞こえてきそうですが、こうとしか説明できません。その訳を説明したいと思います。

チョコレートはニキビの原因にはならない

アメリカには、アメリカ食品医薬品局・FDAという食品、医薬品、化粧品など、安全性を審査する必要があるものを審査する政府機関があります。そのFDAは、ニキビと食事を結びつける科学的根拠はないと言っています。

海外の調査機関は日本の調査機関よりも審査がゆるいのではないかとご心配になるかもしれませんが、FDAは日本でもその審査基準を参考にするほど、信頼できる機関です。

FDAだけでなく、日本チョコレート・ココア協会や、ペンシルバニア大学も、チョコレートを食べたからと言って、ニキビは悪くならないと言っています。だから、ニキビでお悩みの方もチョコレートを食べても大丈夫なのではないでしょうか。

チョコレートを食べるとニキビできると言われている理由

FDAが科学的根拠がないと言っても、チョコレートを食べるとニキビができるんですと、ニキビができる人は思うかと思います。実際、研究結果よりも実体験の方が力はあるので、チョコレートとニキビの関係は、全く根も葉もないものではなさそうです。

ニキビは皮脂が毛穴に溜まってしまって、そこにアクネ菌が増えてしまうことに起きます。

ただし、皮脂は肌を守るために一定量は必要なものなので、問題は過剰に皮脂が出てしまう状態です。過剰に皮脂が出なけば毛穴に詰まることもなく、アクネ菌が増えることもありません。それでは、どういう時に過剰に皮脂が出るのでしょうか。

皮脂の原因となる糖質・脂質がチョコレートに含まれているから

脂

皮脂の過剰分泌は、糖質や脂質を食品を体が必要とする以上に食べることによって、起こります。その上、コラーゲンが糖質と結合すると、皮膚を硬くし、毛穴を詰まりやすくします。その結果、ニキビになるのですが、チョコレートも糖質や脂質を多く含む食品の一つです。

チョコレートが使われる商品はお菓子が多いですが、最近のお菓子はそれプラス、食品添加物も一緒に使われています。食品添加物は体内に入ると、異物と見なされ活性酸素の攻撃を受け、皮脂を酸化させます。

酸化してしまうと皮脂は過酸化脂質に変化し、毛穴内の炎症を悪化させます。ということで、ニキビはチョコレートそのものではなく、脂質、糖質、食品添加物だと言えるでしょう。

だから、チョコレート自体、すなわち原料であるカカオ自体にはニキビとのつながりはないのですが、加工する過程で糖分が加えられ、食品添加物が加えれていくことによって、ニキビができやすいものに変貌したということができるでしょう。

食べているタイミングも関係しています

時間

チョコレートをたくさん食べたくなるのはどんな時ですか。個人差はありますが、チョコレートに限らず、甘いものをがばっと食べたくなるのは、疲れていたり、ストレスを感じていたり、生理前などホルモンバランスが崩れている時であることが多くありませんか。

ご存知の通り、疲れやストレス、生理前はそもそもニキビができやすい時期です。そのような体調の時に、ニキビをできやすくするものをいつもよりも多く食べていたら、当然、ニキビができます。
しかし、頑張っている人であればある程、疲れやストレスは認めたくありませんし、生理前だからニキビができちゃったなどと好き好んで言う人も、思う人もいません。

そのため、チョコレートがニキビの原因として語られ、実際、疲労回復やストレス発散などのために、チョコレートを使ったお菓子を食べていたりもするので、噂が現実味をもって広まっていったものと考えられます。

もちろん、貴方が無類のチョコレート好きであるのなら、今、まさにできているニキビの原因がチョコレートを食べたことによって、過剰に摂取された前述した3つの成分(脂質、糖質、食品添加物)である可能性を否定しません。

しかしながら、チョコレートではないお菓子を食べていたとしても、同じ結果になっていただろうことは理解しておきましょう。

食べるチョコレートを選べば、ニキビになる確率を下げられます

店頭に並ぶチョコレートは種類が豊富で、コンビニにですら、迷ってしまう程の種類の商品が並んでいます。もしニキビになりたくないのなら、カカオ本来の味を楽しめるような糖分を控えめにした商品を選ぶと良いでしょう。

ニキビになりやすいチョコレート

コンビニやスーパーなどで並んでいるチョコレートの成分を調べると、昔からあって、手に取りやすい値段の庶民派のチョコレートは、商品ごと、若干の違いはあるにしても、糖分と脂質で作られていました。

一つの商品として見た時、庶民派のチョコレートは長年、人々に愛されてきただけのことはあって、決して悪いものではありません。しかし、ことニキビ予防の観点から見ると、それを一枚食べただけで脂質22.6g、糖質33.7gも摂取してしまうというのは問題です。

ニキビの出やすい体質の方は、チョコレートを買う前に、成分表の脂質と糖質のところを確認することをお勧めします。そして、前にあげた数値に近いモノは買わないようにし、お財布と相談しながら、できる限り、それらの数値が低いものを買うように心がけると良いでしょう。

ニキビになりにくいチョコレートはこれです!

ニキビになりにくいチョコレートは、脂質や糖分に頼らないチョコレートということで、デパートや専門店でしか買えないかというと、そうではありません。スーパーやコンビニに並んでいる商品でも、糖分がカットされていて、ニキビになりにくい仕様になっているチョコレートはあります。折角なので、お勧めのチョコレートを2つ紹介します。

まず1つ目は、低糖工房の「糖質オフ スイートチョコレート」です。1枚4.5g中、脂質2.2g、糖質0.2gと、脂質は普通のチョコレートと大差ありませんが、糖質はしっかり押さえられています。糖質だけであっても、これだけ少ないのであれば、評価できます。

2つ目は、ロッテの「ZERO」です。

ロッテのZERO

1本10g中、脂質3.8g、糖質2.8gと、低糖工房のものと比べると、脂質はともかくとして糖質は多い印象を受けますが、これでも糖質は通常のチョコレートの半分くらいしかありません。だから、ニキビになりにくいチョコレートだということができるでしょう。

チョコレートは毎シーズン、新しい商品が出ます。チョコレートが好きだけれど、ニキビでお悩みの方は、成分表のところを見て、脂質と糖質が抑えられているものを買うようにしましょう。

チョコレートを食べて、ニキビを治す?嘘のような本当の話

 

治す

チョコレートの主原料はカカオです。カカオもまた、多くの資質を含みます。しかし、カカオに含まれる脂質は、人体にプラスの働きをするステアリン酸、オレイン酸、パルミチン酸と呼ばれる脂質が含まれています。

それぞれの脂質についてもう少し説明を加えると、ステアリン酸は肌を清潔にし、保湿をする働きのある飽和脂肪酸です。石鹸や化粧品にも使われていると聞くと、それを食べるのと驚かれるかもしれませんが、水と油を乳化させる作用があり、体脂肪に変化しにくいと言われています。

また、オレイン酸は生活習慣病を解消してくれるという、近年、期待の脂肪酸です。オリーブオイルやナッツ類に多く含まれており、活性酸素と結びつく働きがあるため、過酸化脂質を作るのを妨げてくれます。

パルミチン酸は皮脂分泌を防ぐ働きのある飽和脂肪酸です。化粧品や界面活性剤に使われることもあります。

チョコレートは、一般的にカカオマスから作ります。カカオマスはカカオの豆の外の皮を取り除いたもののことです。主成分は、カカオポリフェノール、食物繊維、カルシウム、ミネラル、鉄分、亜鉛で、体に良い栄養素をたくさん含む、本来はとても健康的な食品です。

実際、カカオマスの食物繊維は腸内を綺麗にしてくれます。腸内が綺麗にすることは、実は立派なニキビ対策です。また、貧血気味でふらつくという方、若い女性を中心に多いかと思います。カカオマスには鉄分も入っています。その昔、チョコレートは薬だったというのも、こうやってみると納得です。

チョコレートは人を幸せにします。もしニキビにお悩みなら、糖質・脂質分は少なめで、カカオの配合量が多い、甘さ控えめチョコレートを選びましょう。