オロナインはニキビを治す効果があるの?成分を分析して検証しました

オロナイン

ご自宅の薬箱に「オロナイン軟膏」はありますか?一昔前なら、どのご家庭にもあった薬です。擦り傷、小さな切り傷、火傷といったケガに効く塗り薬として、広く知られていますが、オロナインの主な効能のところをみると、もっと色々な症状に使えることが分かります。

改めて、オロナイン軟膏の効能表示を見ると「にきび・吹出物・はたけ・やけど(かるいもの)・ひび・しもやけ・あかぎれ・きず・水虫(じゅくじゅくしていないもの)・たむし・いんきん・しらくも」とあります。

一番最初に書かれているのが傷や火傷ではなく、ニキビだとは少し意外ですが、ニキビに良く聞くということなのでしょう。それでは、なぜニキビに効くのか、ご説明します。

オロナインの注目成分

オロナインに配合されている成分は以下のものです。

  • 有効成分:クロルヘキシジングルコン酸塩液
  • 添加物:ラウロマクロゴール、ポリソルベート80、硫酸Al/K、マクロゴール、グリセリン、オリブ油、ステアリルアルコール、サラシミツロウ、ワセリン、自己乳化型ステアリン酸グリセリル、香料、精製水

この中で注目すべき成分は、クロルヘキシジングルコン酸塩液、グリセリン、オリブ油、ワセリンです。

クロルヘキシジングルコン酸塩液は、雑菌消毒をしてくれます。手術をする時に術野につけることもあるくらいなので、ニキビの原因菌であるアクネ菌に効きます。

ワセリン、グリセリン、オリーブオイルは、昔から保湿をするならこれというくらい有名です。黒くなった鼻のニキビや、かさつきが気になる乾燥ニキビにも聞きます。

ただし、オロナインは全てのニキビに有効というわけではありません。効くニキビもあるけれど、効かないニキビもあります。効くニキビに使いましょう。

オロナインが効くニキビは何ニキビ?

まず答えから。ニキビには、白ニキビ赤ニキビ黒ニキビがありますが、オロナインが効くのは赤ニキビです。白ニキビが初期段階のニキビ、黒ニキビはかなり進行したニキビなので、徐々に悪化しつつある時のニキビに効くということです。

ちょうど中間ということで、タイミングが難しいですが、タイミングを逃すとニキビを悪化させてしまうこともあるので、違うニキビには使わないようにしましょう。

オロナインを使って良いニキビ:赤ニキビ

赤ニキビが赤く腫れるのは、その部分が炎症しているからです。オロナインは炎症に効果があるので、赤ニキビにオロナインは良いです。

効果を発揮してくれるのは、クロルヘキシジングルコン酸塩液です。炎症を起こしているところをクロルヘキシジングルコン酸塩液で消毒・殺菌すると、何もしないで放置しているよりも早く赤みや痛みが引きます。

ただし、黒ニキビになる前の段階にくる、黄ニキビ、紫ニキビは、赤ニキビよりも進行が早く、オロナインの効果よりも早く悪化していきます。この状態はもうニキビが膿み始めていると考えるべきです。一日も早く皮膚科に言って、お医者様の診察を受けましょう。

オロナインを使わない方が良いニキビ:白ニキビ

前段で赤ニキビから先に進行したニキビになってしまったら、病院へと書きましたので、ここでは赤ニキビの前段階である白ニキビについて書きます。白ニキビは赤ニキビよりも症状としては軽く、初期のニキビということができます。

白いポチっとしたのが見えるのが気になるくらいで、赤みも痛みもありません。しかし、毛穴の奥に閉じ込められた菌が活発に活動しています。いくら肌の表面からオロナインを塗っても、菌が閉じ込められているところには届きません。

逆に、オロナインを塗ることで、菌をさらに閉じ込める結果となり、ニキビが悪化してしまいます。

また、10代の方がなる思春期ニキビには、オロナインは使わない方が良いでしょう。というのも、10代のニキビはホルモン分泌が活発なために起こります。にも拘らず、オロナインを塗って、毛穴にふたをしてしまったら、良くなるものも良くなりません。思春期ニキビ用の商品を使ってケアをすると良いでしょう。

ちなみに、思春期ニキビがTゾーンや頬といった、テカリやすいところにできるのに対し、オロナインが効く大人ニキビはUゾーンや口周りにできやすいと言われています。自分が思春期ニキビなのか、大人ニキビなのかも、きちんとに極めましょう。

オロナインが意味をなさないもの:ニキビ跡

ニキビ対策の商品の中には、ニキビ跡にも効果があるとうたうものがあります。オロナインは殺菌と保湿をするものなので、皮膚の深層部に傷ができてしまっているニキビ跡には、塗ったところで意味がありません。

肌のターンオーバーには保湿も重要なのですが、それだけのためなら規則正しい生活を送り、ビタミンCを十分に摂取し、より効果的な美容液などを使い、肌の修復力を高めた方が良いでしょう。詳しいニキビ跡の治し方はニキビ跡のケア方法を参考にしてください。

オロナインに副作用の心配は?

オロナインは、長年、庶民に愛されていることからも分かるように、副作用があったという話は聞きません。市販薬ですので、それ程、強い成分が配合されていないからということもあるでしょう。とはいえ、肌荒れ、痒み、発疹、発赤といった副作用がでないというわけではないので、油断しすぎないようにしましょう。

万が一、副作用かなと思っても、実際は殺菌している過程でのことということもあります。まずは数日、使ってみても良いでしょう。しかし、症状が治まらないのなら、使うのは止めましょう。

オロナミンの効き目はどれくらいで実感できる?

ニキビにオロナインをつける目安は、赤ニキビなら1週間、白ニキビ、黒ニキビなら3日です。オロナインは保湿クリーム代わりにも使えます。洗顔後に使えば、ニキビ予防をしつつ、保湿もできます。

オロナインでニキビを治す方法

赤ニキビの場合:大切なのは芯のところにつけましょう。

赤ニキビはちょっと触るのも痛いですが、綿棒を使うと痛みを感じずに済みます。それに衛生的です。赤ニキビには真ん中にぽちっとした芯があるのが分かると思いますが、そこにまずちょこんとオロナインをつけましょう。

芯のところにつけるのには、意味があります。その部分に皮脂に角質、菌が集まっています。消毒してもらいましょう。そこからすそ野に広げるように、オロナインを塗ります。
注意してほしいのは、芯のところをつけずに、周囲だけ塗ったら、オロナイン本来の効果が期待できないということです。

それどころか、新しいニキビを作る原因になるかもしれません。痛みがあっても、とにかく芯のところにオロナインをつけましょう。

黒ニキビ・いちご鼻の場合:オロナインパックをしてみましょう。

オロナインパックって何?と思われた方もいるかもしれませんので、やり方を説明します。

まず、クレンジングでメイクを落としましょう。その後、症状が出ているところにたっぷりオロナインをつけ、5~10分くらいつけたままにしておきます。それから、ぬるま湯を使って、いつものように洗顔します。

なぜオロナインをつけて、放置して、流すのが良いのかというと、オロナインに含まれる油性成分が、角栓の詰まりを外に排出しやすくすると言われています。一度、お試しになられてみてはいかがでしょうか。

これはダメ!オロナインと毛穴パックを一緒に使う方法

ネットでよく見かける、オロナインと毛穴パックを一緒に使って、毛穴の汚れを綺麗にとる方法、瞬間的な効果の程は横において、あまりお勧めできません。
理論からいえば、オロナインで毛穴が柔らかくなり、殺菌もしてもらえるから、黒ニキビに効果があるというものなのですが、毛穴パックは肌への刺激が半端ありません。

強引に角栓をとると、毛穴が開いた状態になり、すぐに毛穴に詰まるを繰り返すことになります。

しかも、何かのきっかけで、開いた毛穴に雑菌が入り、赤ニキビ、黄ニキビができ、ついにな黒ニキビになることもあります。そうすると、いちご鼻がますますひどい状態になります。

また、これと似た方法で、オロナイン水、もしくは、オロナインと絆創膏を使う方法もあるようですが、ニキビを悪くする可能性大です。するのは止めておきましょう。

オロナインでニキビが悪化してしまったら

赤ニキビだと思っていても、本当は奥の方に膿をもっていることもあります。6日以上使っているのに、全く良くなっている気配がない場合は、ニキビが悪化している可能性があります。オロナインでパックをしたり、オロナインと毛穴パックやバンソウコ、オロナイン水といった、用法用量を守らない使い方は止めましょう。

使用上の注意はきちんと守りましょう。その上で、病院に行くようにしましょう。

オロナインは応急処置専門です

オロナインは白ニキビ、黒ニキビ、ニキビ跡に塗っても、ダメです。赤ニキビの悪化防止に使いましょう。オロナインを使い始める前に、よくご自分のニキビを確認し、応急処置的に使うと良いでしょう。

ニキビやニキビ跡対策の基本は、肌を清潔にし保湿をすること、ビタミンCをたっぷりとること、肌の正常なターンオーバーを促すことです。オロナインがあるから大丈夫ではなく、生活を整え肌を健康的にすることを第一に考えましょう。おすすめのニキビケア化粧品については大人ニキビ化粧品ランキングを参考にしてください。