背中ニキビの治し方と原因

背中はニキビの原因となる皮脂線が分泌される皮脂腺が集中している個所なので顔と同じくニキビができやすいです。

普段は服に隠れていて見えにくいので気づいたときは悪化していたというケースが多く見受けられます。

また、結婚式やパーティーで着るドレスは背中が見えるので女性の方で背中ニキビをどうしても治したいと思っている方が多いです。

ニキビは初期段階に近ければ近いほど治しやすいので背中のニキビもできるだけ早い段階で治すようにしたいところです。

背中ニキビの特徴

背中ニキビは顔にできるニキビと異なり、ニキビができてもかゆみや痛みがない上に普段は服を着ていて見えにくいのでなかなか気づかれにくいのが特徴です。

手が届きにくいので普段のケアで見落としてしまいやすく、皮膚も顔よりも厚く硬いので一度ニキビができるとなかなか治りにくいです。

また、ニキビができる原因菌の種類も顔ニキビの原因菌、アクネ菌ではなくマラセチア菌という菌が原因です。

そういった点でも背中ニキビを治すためには顔のニキビとは違った治し方をしていく必要があります。

背中ニキビの原因

背中ニキビができる原因はストレスや食生活の乱れ、肌の乾燥やホルモンバランスの乱れなど顔のニキビと同じ場合と背中に住み着いている常駐菌であるマラセチア菌が原因の場合と2つが考えられます。

ホルモンバランスの乱れ

普段の生活でのストレスや睡眠不足、生活習慣の乱れといった要因が重なると自律神経のうちの交感神経が活発になり、女性の場合でも男性ホルモンが過剰に分泌されます。

このホルモンバランスの乱れはニキビの原因となる皮脂の過剰分泌、毛穴が細くなる、角栓の生成といった現象を引き起こします。

背中だけではなく顔にもニキビができている場合はホルモンバランスの乱れが主な原因の場合が多いです。

マラセチア菌の働き

背中に生息する常駐菌(誰の肌にも住んでいる菌)であるマラセチア菌が毛穴に入り込みニキビができる原因となることもあります。

このマラセチア菌は悪い菌ではなく、病原性微生物の繁殖を抑えて皮膚を外敵から守ってくれるくれる良い菌なのですが、皮脂の詰まっている毛穴が大好物です。マラセチア菌が毛穴に入り込むと皮脂を餌にしてどんどん数を増やし最終的には炎症を起こしてニキビができてしまうんです。

シャンプーの洗い残し

背中は手が届きにくい箇所のためシャンプーが流されずに残ってしまいやすいです。

肌に優しいシャンプーを使っていても、完全に水で流さずに肌に付着させたまま放置すると毛穴をふさいでしまいニキビができる原因となります。

乾燥

乾燥は大人ニキビの大敵です。皮脂の過剰分泌もニキビの原因になりますが、毛穴の縮小を引き起こす皮脂の落としすぎによる乾燥もニキビの原因になってしまいます。

特に背中は顔と比べて普段保湿などのスキンケアが行われにくい箇所なので乾燥してしまいやすいです。

背中ニキビの治し方

背中ニキビ専用の化粧品を使う

背中ニキビを治すためだけに開発された背中ニキビ専用の化粧品を使うのが手っ取り早く治せるのでおすすめです。

少し前までは種類がほとんどありませんでしたが、最近ではビタミンC誘導体が配合されたものなど様々な種類の化粧品が存在します。

背中ニキビ専用の化粧品を選ぶのであれば、保湿成分のセラミドやヒアルロン酸、ビタミンC誘導体が配合されているものが保湿効果が高いのでお勧めです。

おすすめの背中ニキビ化粧品としては手島優さんも愛用しているジッテプラスです。こちらは背中ニキビのために開発されているので背中ニキビのケアに絶大な効果を発揮します。

ジッテプラス

強くこすらない

ニキビというとどうしても皮脂を落とさなければならないというイメージがあるので背中を洗う時に強くこすりたくなるかもしれませんが、強い刺激はニキビを悪化させる原因になるので絶対にやめてください。

背中を洗う際は古い角質や皮脂を落とすだけで十分なので、優しく洗うように心がけてください。

ピーリング

ピーリング剤を使いケアすれば強い刺激を与えることなく肌の古い角質を落とすことができるので背中ニキビを治すのに効果があります。

ピーリングとは酸の力で古い角質を取り除く治し方のことで、病院で治療してもらうこともできますが、市販のピーリング剤を使えば家でも行うことができます。

背中は乾燥しやすいので角質が薄くなるピーリング後は必ず美容液や化粧水で保湿するようにしてください。

ピーリングの注意点としては肌にダメージを与えるケア方法なので、敏感肌の方は余計に背中ニキビを悪化させてしまうこともあります。肌の弱い方は避けるようにしてください。

食事に気を使う

ニキビを治すのに効果があるビタミンB群を摂取することで背中ニキビをより早く治すことができます。

皮脂の過剰分泌を抑える効果があるビタミンB2はレバーは青のりに、ビタミンB6はカツオやにんにく、マグロに多く含まれています。これらの食品を毎日の食事の中で積極的に摂取していくようにしましょう。

また、動物性脂質が多く含まれているジャンクフードやコンビニ弁当、外食は背中ニキビに悪影響を与えます。できるだけ自炊するようにし、コンビニで済ませる場合もサラダを買うなど栄養バランスがよくなるように工夫しましょう。

皮膚科に行く

症状がひどい場合は皮膚科で診てもらうことも検討してください。長期間炎症が続き、かゆみや痛みがひどくなり始めたら要注意です。

症状が悪化したまま放置し続けるとなかなか消えないニキビ跡ができてしまうことがあるので、かゆみや痛みがひどい場合は皮膚科で治療してもらうようにしましょう。