お尻ニキビの治し方と原因

お尻ニキビ

ここでは、お尻ニキビの治し方を紹介します。皆さんも、お尻にニキビができてしまった経験があるのではないでしょうか。お尻ニキビは腫れるととても痛いです。

座るたびに激痛を伴い、日常生活に支障をきたします。誰しもが経験のある、お尻ニキビを治すために一緒に頑張りましょう。

お尻ニキビの原因

蒸れや摩擦

お尻ニキビの原因は、主に、お尻の蒸れと下着からの圧力や摩擦によるものです。お尻の蒸れと聞いても、ピンとこない方もいるかもしれませんが、お尻はいつもサラサラな状態ではありません。長時間のデスクワークなどで椅子に座る方は、案外、汗をたくさんかいています。

それに気づくことなく、適切なケアをせずに過ごしてしまうと、雑菌が繁殖し、ニキビができてしまいます。お尻に蒸れは大敵です。次に、下着による圧力と摩擦ですが、これはサイズの合わない締め付けるような下着を履くことで生じます。

肌を締め付けたり、擦ってしまう行為は、お尻の皮膚の角質に厚みをもたらし、これまでできていたニキビの炎症をさらに悪化させてしまいます。何度も、下着でこすれてしまうと、肌が黒くなり、ニキビ跡ができてしまいます。そうなると、いくら清潔にしていても、見た目で美しいお尻とは言えません。

下着のサイズが合っていない

ニキビは、新陳代謝が悪化し、血の巡りが悪くなるところにできます。長時間、座っている方は、いつも座り続けているお尻の部分に、ニキビが集中しているのではないでしょうか。血のめぐりが悪くなると、お尻の皮膚がだんだんと厚みを増し、硬くなります。

そうなると、肌の潤いがなくなってしまい、肌の循環が滞りがちになり、どんどん古い角質がたまっていきます。古い角質がたまると、毛穴が脂質などで塞がってしまいますので、ニキビができてしまいます。

お尻ニキビの治し方

ニキビ跡ができる前に、早めにお尻ニキビを治していきましょう。それでは、お尻ニキビの治し方をご紹介します。

お尻を清潔に保つ

まずは、お尻を清潔に保ちましょう。お尻は、便座に座ったり、汗をかいたりと、意外と不潔になりがちです。そのわりに、お尻に対するケアをしていない人は少ないのではないでしょうか。お尻に雑菌がつかないよう、トイレにいったら、忘れずに便座シートを除菌シートなどで拭いてから使用するように心がけて下さい。

また、デスクワークなどで、長時間、座りっぱなしの人も清潔にお尻を保つために努力が必要です。長時間、座ることで、大量の汗をかきますので、こまめに休憩をとり、タオルなどで汗をふきましょう。

ただ、この際、気を付けてほしいことは、タオルは清潔な物に限るということです。何度も汗を拭いたタオルを使いまわしていては、逆効果になってしまいます。

タオルよりも、おすすめなのは、赤ちゃんのおしりふきです。ウェットティッシュでも良いのですが、赤ちゃんのおしりふきは、ノンアルコールの商品なので、肌への刺激が少なく、肌がデリケートな人には最適です。

下着を変える

お尻の潤いを失わないためにも、締め付ける下着は絶対につけてはいけません。また、お尻の血流を促すために、マッサージをするなどして、充分にケアしてください。

女性の方は、生理用ナプキンを身に着けることで、お尻の蒸れを引き起こしています。ナプキンを身に着けた際は、こまめにナプキンを取り替えて、蒸れを防いで下さい。

男性の方は、トランクスのパンツよりもボクサータイプのパンツの方が蒸れを防止できます。ボクサータイプのパンツは、丈が長いのでお尻がスポっと隠れます。お尻が汗をかいても、ボクサータイプのパンツなら汗を吸収してくれ、蒸れの予防ができます。

ストレスを発散して、ホルモンバランスを整える

お尻ニキビには、ホルモンバランスが原因になっていることがあります。例えば、女性の場合、毎月、生理がありますが、生理前は、黄体ホルモンが増え、お尻ニキビができやすい時期となります。黄体ホルモンとは、脂質の分泌を促しますので、脂質がたくさん分泌されてしまうと、ニキビができやすくなってしまいます。

ホルモンバランスが乱れるのは女性ばかりではありません。男性も、ストレスが起因するホルモンバランスの崩れにより、お尻ニキビに悩まされることがあります。ストレスをため込まないよう、日頃から、上手にストレスを解消して、ホルモンバランスが乱れることがないように気を付けて下さい。

ピーリングを行う

ピーリングとは、肌の古い角質をとり、新しい角質に生まれ変わるお手伝いをする行為です。古い角質をとることによって、お尻の潤いを取り戻します。お尻に古い角質がたまっていくと、肌が厚くなり硬くなります。肌が厚くなったり、硬くなると、毛穴を詰まらせる原因となり、ニキビができやすくなります。

ピーリングにより、新しい肌へ生まれ変わらせることで、正常な肌の状態が保てます。ただし、ピーリングは、肌にかなりの負担をかけるので、週に一回程度にとどめて下さい。

ピーリングは、ピーリング用のジェルや石鹸がありますので、そちらを使ってぜひ試してみて下さい。そして、ピーリング後は、必ず保湿を忘れないよう気を付けて下さい。

お尻のスキンケアを行う

お尻ニキビは、肌の乾燥も原因の一つです。肌には、セラミドという、保湿する成分が存在しますが、この成分は、バリア機能を支える成分でもあり、肌が乾燥しているということは、肌のバリア機能が低下しているということです。

お尻の肌も、肌なので、当然、年齢を重ねるたびに、セラミドの成分がなくなり、バリア機能も低下していきます。お尻の肌も、いつまでも美しく健康的でありたいですよね。潤いのある健康的な肌を保つためには、セラミド配合の化粧水や美容液がおすすめです。

自分でセラミドを分泌できないのなら、外から補充すれば良いのです。セラミド配合の化粧水や美容液をつけて、お尻の血行を良くし、血の巡りを促します。

シャンプーやボディーシャンプーはしっかり洗い流す

シャンプーやボディーシャンプーによる洗い残しは、お尻によく見られます。洗い残しがあると、痒みを引き起こし、肌の炎症を促します。泡が残らないよう、入浴の際は、充分にお尻の泡を洗い流してください。

お尻にニキビ跡ができたときの治し方

高濃度ビタミンC誘導体をご存じでしょうか。高濃度ビタミンC誘導体とは、皮脂の分泌を抑える効果があり、毛穴がつまらないようにするための予防として効果的です。ニキビ跡の赤みを抑えてくれるので、ニキビ跡をなくすにはもってこいです。ニキビ跡は手ごわいです。

高濃度ビタミンC誘導体で頑固なニキビ跡を根気よく治していきましょう。詳しいニキビ跡の治療方法はニキビ跡の治し方・ケア方法を参考にしてください。

ニキビと似ている粉瘤とは

粉瘤とは、簡単に言えば、人間の脂質や垢のかたまりで、良性の腫瘍のことを指します。肌のいろんな場所にでき、お尻も例外ではありません。

むしろ、お尻は、もともと、ケアが怠りがちで、垢がたまりやすい場所なので、お尻は粉瘤のできやすい場所でもあります。

粉瘤とニキビの違い

粉瘤とニキビは、一見、とても似ていますが、決定的に違うところが一つあります。それは、粉瘤には、開口部と呼ばれる穴があることです。粉瘤をよく見てみると、ポツッとした黒い点があり、それが開口部と呼ばれるものです。誰でも簡単に見分けることができます。

この開口部は、毛穴がくぼんでいるために見えるものです。ニキビと粉瘤は、似ていますが、まったく別のものです。対処法もニキビとは異なりますので、必ず医師に相談しましょう。