頬のニキビの原因と治し方

頬は顔の中でも目立ちやすく頬にニキビができてしまうとショックを受けてしまう方が多いようですが、頬のニキビは口周りのニキビあごニキビと比べると治りやすいんです。今回はそんな頬のニキビを跡が残らないようにきれいに治す方法を紹介します。

頬のニキビの特徴

頬は一見皮脂が少ないのでニキビができにくそうに見えますが、実は毛穴が詰まりやすくニキビができやすい箇所なんです。

上頬にニキビができた場合と下頬にニキビができた場合とでは特徴が違うので、まずは上頬と下頬の2つにわけてそれぞれの特徴を見ていきましょう。

上頬のニキビ

上頬にできるニキビは典型的な思春期ニキビで、年齢が上がるにつれて収まっていくことが多いです。頬は皮脂腺が発達していて、毛穴が目立つのでニキビが大きくなってしまいがちです。

また顔の中では表面積が大きい箇所なので一度治っても外部からの刺激を受けやすく再発してしまうこともあります。

下頬のニキビ

下頬は上頬に比べて毛穴が小さいので皮脂が詰まりやすく、乾燥もしやすいので大人ニキビができやすいです。

口周りや顎のよりも肌のターンオーバー(生え変わり)の周期が早いので治りやすいですが、何も対策を取らないまま同じ生活を続けていると再発してしまう可能性が高いので、きれな状態の肌でいるためにも正しい治し方を学びましょう。

頬のニキビの原因

頬にできるニキビは両頬にできた場合と片頬だけにできた場合とでは原因が異なります。

両頬にニキビができた場合

両方の頬にニキビができてしまった場合はホルモンバランスの乱れや生活習慣の乱れなどと外部からの刺激の両方が原因になっている場合が多いです。

ホルモンバランスの乱れ

女性ホルモンのうちエストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)というホルモンが頬のニキビの原因となります。排卵前にはエストロゲンが、排卵後~生理開始前までプロゲステロンが増えるので生理前にニキビができることがあるんです。

また、睡眠不足・ストレスは男性ホルモンの過剰分泌の原因となります。女性であっても男性ホルモンはわずかに分泌されていますが、分泌量が増えすぎると皮脂量が増えてしまいニキビができやすい環境を作ってしまいます。

肝機能の低下

大人ニキビの大きな原因となるのが内蔵機能の低下です。その内蔵の中でも特に肝臓の機能低下は頬のニキビの原因となってしまうことが多く、特に大人の場合は機能が低下してしまいやすい臓器なので注意が必要です。

片頬にニキビができた場合

片方の頬にだけニキビができた場合は外的刺激が原因になっている場合が多いです。頬は寝るときに枕に直接当たる場所なので家具の衛生状態が悪いとすぐにニキビができてしまいます。自分がいつも頬を当てる側の頬にニキビができてしまったら枕カバーを変えるなどの対策が効果的です。

また、外的要因とは別に右側の頬にニキビができた場合は鼻や呼吸器の不調、寝不足や血行不良、左側の頬にニキビができた場合は肝臓や胆のうの不調が原因となっていることもあります。

頬のニキビの治し方

肌を保湿する

頬のニキビを含む大人ニキビの大きな原因となっている乾燥を防ぐことでニキビを治りやすくすることができます。20歳を超えてからできた頬のニキビの場合は保湿力の高いセラミド配合の化粧水を使ってしっかりと保湿してあげましょう。一見顔の油分が多く見えても大人の場合は肌の内側だけ乾燥していて皮脂が過剰分泌されているインナードライ肌の可能性が高いです。

したがって、顔の油分が多いように見えても洗顔料は洗顔力の強すぎるものを使うと皮脂が取れすぎてしまうのであまり洗顔力の強くないものがおすすめです。

ビタミンB群を摂取

ビタミンB群は皮脂の過剰分泌を防ぎニキビのない綺麗な肌になる手助けをしてくれます。ビタミンB2を中心にビタミンB6、ビタミンC、ビタミンB1、ニコチン酸アミドも同時に摂取すると頬のニキビ対策により効果があります。これらの栄養素は体内にとどめておくことができずすぐに体外に排出されてしまうので毎日摂取することを心がけてください。

ビタミンB群が含まれている食品は野菜・果物・階層・きのこ類・大豆製品です。これらの食品を毎日の食事の中に取り入れていきましょう。

触らない

ニキビは触ると雑菌が入り込み余計に悪化して治りにくくなってしまいます。速く頬のニキビを治すためにも気になる気持ちをぐっとこらえてできるだけ触らないようにしましょう。

また、ニキビ隠しのためにマスクをする人もいるかもしれませんが、マスクが擦れる刺激でもニキビは悪化してしまうのでニキビができてしまったらできるだけマスクはしないようにしてください。

寝具を交換する

毎日頬と接触する枕カバーなどの寝具は髪の毛や剥がれ落ちた皮膚などニキビの原因となる菌の餌となるものが豊富にあるので雑菌が繁殖しやすいです。ニキビ対策・予防のためには最低週に一回は洗濯をし、太陽の下で干してあげることで雑菌の繁殖を抑えることができます。

皮膚科で治す

皮膚科で治療してもらう場合はケミカルピーリングとレーザー治療はおすすめできません。この2つの治療方法は根本的な解決にならないので今後また頬のニキビが再発してしまう可能性が高いです。特にケミカルピーリングは肌にダメージを与えるので肌が弱い方は避けておいたほうが無難です。

お金はかかりますが皮膚科で治療してもらう場合はホルモンバランスを整えてくれるホルモン治療がおすすめです。

男性でも効果があるので自宅でケアしても一向に治る見込みがない場合は皮膚科に行ってみるのみ一つの手です。