おでこニキビの治し方と原因

おでこは皮脂分泌が多い上、髪の毛が触れるので汚れやすいというニキビニキビの原因となる条件が揃った場所です。思春期ニキビができやすい場所ですが、大人ニキビの場合でもおでこにできてしまう人も多くいます。

おでこは新陳代謝が活発なのでニキビ跡が残る可能性はあごニキビなどの比べて低いです。しかし、ケアを怠ってニキビが悪化しアクネ菌による炎症が起こると眉間などにニキビ跡が残ってしまうケースもあるので注意しましょう。

おでこニキビの種類

ニキビは症状により呼び名が違います。最初は白ニキビと言われ、肌に針の先くらいの白いニキビが出来たら生活習慣を改善する必要があります。早めに対応したら酷くなることはないと言えます。

白ニキビの治し方・原因

2016.08.23

白ニキビの毛穴に皮脂が溜まり空気に触れたら黒ニキビになってしまいます。その段階では炎症が起きていないからケミカルピーリング、洗顔で治すことが可能です。ニキビが悪化する前なら自分でケアするだけで対応が出来ます。

黒ニキビの治し方と原因

2016.08.25

白ニキビの症状が悪化するとアクネ菌が炎症を起こし赤ニキビとなります。赤ニキビは自分で治すことは出来ません。潰したら皮膚が陥没するケースがあるから専門医での治療をすることをお勧めします。放置したら悪化し黄色い膿が出て黄ニキビになってしまう場合があります。ニキビは出来たら白ニキビの段階ですぐに対処することが重要です。

おでこニキビの原因

おでこニキビは10代にできる思春期ニキビと20歳を超えてからできる大人ニキビとで原因が少し異なります。

それぞれのニキビに共通する原因としては皮脂の過剰分泌の他に髪の毛が当たる、手で擦る、帽子、シャンプーをきちんと水で洗い落せていないといった外部からの刺激が挙げられます。

この中でも特に髪の毛の接触が大きな原因となります。おでこに前髪がおりている状態だと毛先はニキビに当たり刺激となってしまいます。さらに髪の毛に付いたシャンプーやリンス、ワックス、汚れなどが肌に付着してしまうのもおでこニキビの原因となります。

おでこの思春期ニキビの原因

おでこは皮膚分泌量が多いので、皮脂の過剰分泌が原因でできてしまう思春期ニキビができてしまいやすい場所です。

思春期に皮脂の過剰分泌が起きる原因は第二次性徴によりホルモンバランスが乱れることにあります。

成長する際に男性ホルモンの分泌量が増加し皮脂腺を刺激することにより皮脂分泌量が通常よりも増加します。この男性ホルモンは女性であっても分泌されるので注意が必要です。

また、基本的に皮脂は毛穴より排出されますが思春期は一気に増加した皮脂量に毛穴の成長が追いつかずどんどん分泌され毛穴に詰り、古い角質、老廃物と混ざって毛穴が塞がってしまいます。

これらが毛穴に皮脂が詰まることが原因でニキビが発生し、毛穴の皮脂を栄養分としてアクネ菌が増殖すればニキビは炎症を起こして治りにくい赤ニキビとなってしまうんです。

おでこの大人ニキビの原因

おでこに大人ニキビが出来るのは不規則な生活習慣、睡眠不足が原因であるケースが多いです。

おでこのニキビは生活習慣を改善した方がいいというサインだと言えます。おでこに大人ニキビが出来る原因はホルモンバランスの乱れ、免疫力が下がったことで普段なら撃退することが出来るアクネ菌が毛穴で増殖してニキビが悪化してしまいます。

おでこニキビの治し方

おでこにニキビが出来る原因になる皮脂の過剰分泌以外にはケアすれば大半が原因を排除することが出来ます。正しいケア方法を知りおでこにニキビ跡が残らないように治しましょう。

栄養バランスのいい食事

ビタミンB群は皮脂分泌を抑制する働きがあります。豚レバー、イワシ、うなぎなどの魚類、牛乳などはビタミンB2、にんにくやかつお、鶏ひき肉はビタミンB6を沢山含んだ食品なので毎日の食事の中に積極的に取り入れていきましょう。

ビタミンBの効果としては皮脂分泌を抑制するだけではなくタンパク質の代謝をサポートし新陳代謝を促進してくれます。また、外食やコンビニ弁当をできるだけ避けて野菜中心の食事を自炊して毎日6時間以上の睡眠を取ることが重要と言えます。

洗顔の仕方に気を使う

洗顔の仕方も改善する必要があります。おでこニキビというのは洗顔料が髪の生え際に残ってしまい悪化する事があると言えます。

刺激の弱い石鹸でしっかりと泡立てて優しく洗って下さい。ニキビが出来た肌に直接化粧品をつけると油分によりアクネ菌の活動が活発になり、ニキビがより悪化してしまう可能性があります。

外部からの刺激をなくす

おでこにかかる前髪や帽子といったおでこに対する外部からの刺激を除去して下さい。前髪を下ろしていると常におでこと接触しニキビができやすくなってしまいます。おでこのへの刺激を避けるためにも髪の毛が直接当たらないように髪型を変えてみて下さい。

前髪を上げてしまうのが一番効果がある対策方法ですが、おでこを全て出すことに抵抗を感じる人は前髪を横に流してピンで留めるヘアスタイルをお勧めします。

ニキビを隠そうとして前髪でおでこを覆うと汗で蒸れて汚れたり、ニキビができる原因となる刺激を与えることになります。その結果より毛穴が詰まりアクネ菌が増殖することでニキビが炎症し悪化してしまいます。

自分に合った化粧品を選ぶ

化粧品を選ぶ際には油分が少ない化粧品を選択して下さい。化粧水はビタミンC誘導体が配合されているモノを選び、ローションは保湿力の高いモノがお勧めです。

ファンデーションはカバー力が高いリキッド、クリームタイプは避けた方が無難です。毛穴を塞ぐシリコン、油分の少ないパウダーファンデーションがベストな選択で保湿した肌に軽く乗せる程度にしておいて下さい。

おでこニキビの予防方法

思春期はおでこや鼻周りなどのTゾーンニキビが出来て大変だったという脂性肌の人だけではなく、肌の皮脂量が少ない乾燥肌の人であっても大人ニキビは出来てしまいます。不規則な生活や睡眠不足など生活習慣が乱れている状態が続くとホルモンバランスが乱れ大人ニキビが出来てしまうので、普段からできるだけ生活習慣を改善するように心がけてください。

さらに日々の洗顔できちんと皮脂を落とすことがポイントです。クレンジングはオイルタイプを選択すると余計な油分が角質内に残るので、肌への刺激の少ないクリームタイプを選択しきちんと洗顔で洗い流すように心がけましょう。

おでこにニキビが出来やすい人は髪の生え際の部分に洗顔料の洗い残しがあったり、熱めのお湯で洗顔し必要な潤いまで流しているケースがあります。洗顔の際には30度のぬるま湯を使用し生え際をきちんと洗うようにして下さい。また、肌の乾燥もニキビができる原因になるので洗顔後にはすぐに化粧品で保湿をすることも重要です。