頭皮ニキビの治し方と原因

頭皮ニキビ

気付くと頭皮に痛いニキビができていることがありますね。髪の毛で隠れていて気付かず潰してしまうこともよくありがちです。頭皮にできるニキビの原因を説明いたしましょう。

頭皮ニキビとは?

簡単にいうと、頭皮ニキビはアクネ菌が影響する頭皮の炎症を指します。頭皮は皮脂や汚れが溜まりやすいものです。それらが毛穴を詰まらせ塞いでしまうと皮脂が排出されずアクネ菌が増殖し炎症が起きてしまいます。アクネ菌は皮膚常在菌ですので頭皮にニキビはできやすいものです。

顔のニキビと頭皮ニキビの違い

人目につく顔のニキビケアは入念になりますが、頭皮ニキビのケアは深刻に考えませんね。髪の毛に覆われていることから忘れがちになりますが、頭皮も顔と同じ一枚皮の皮膚ですから同じようにデリケートだといえるのです。

頭皮は顔よりも毛穴が多く、そのうえ毛穴が密集しています。ということから顔よりも皮脂分泌量も多くニキビができやすい箇所といえるのです。特に顔の皮脂分泌の多いいわゆる脂性肌タイプの方は頭皮にも同様のことがいえます。頭皮ニキビはただ単にシャンプーの回数を増やすことでは改善されません。髪そのものの汚れを落とすことではなく頭皮の汚れを洗い流すことを意識しましょう。

頭皮ニキビの原因

毛穴のつまり

頭皮ニキビができる仕組みは顔のニキビや背中ニキビができる仕組みと同様ですが、頭皮の方がニキビができやすい環境だといえます。

頭皮は、代謝によって要らなくなった皮膚が剥がれます。要はフケですね。皮が脂と皮脂化し毛穴を塞ぐとアクネ菌の増殖を促します。頭皮ニキビに膿んだものが多いのはそのためです。

代謝が活発な深夜に体を休めていない場合、代謝が狂い出し頭皮ニキビができやすい状況を作りますので気をつけましょう。

シャンプーやリンス

シャンプーの回数が多い方ほど頭皮ニキビができやすいものです。シャンプーの洗浄成分である合成界面活性剤の刺激が強すぎて頭皮ニキビができやすくなります。また、シャンプーの洗い残しが頭皮ニキビの原因にもなります。

合成界面活性剤とはシャンプー以外にも多くの製品に含まれ、たいへん強い洗浄力を持つものです。「界面活性剤」は、本来ならば混ざり合うことのない水と油のような物質を混ぜ合わすために作られたものです。「合成界面活性剤」とは、界面活性剤の洗浄力に進化を加えたものです。ということから、頭皮に必要な脂まで洗浄されてしまうということになります。

シャンプーのし過ぎは脂を失い頭皮を乾燥させます。頭皮に関わらずお肌が乾燥すると大切な肌バリア機能が低下します。そのため少しの刺激にも耐えられず肌荒れが起きてしまうのです。乾燥した頭皮はニキビや薄毛の原因になりますので注意が必要です。また、リンスやコンディショナーが毛穴を詰まらせることがあり、ニキビを炎症させてしまう可能性がありますので注意しましょう。

また、ヘアカラーや整髪料の薬剤が頭皮への刺激になることもあり、頭皮ニキビの原因になることも考えられます。

過剰なストレスの蓄積

人は過剰なストレスによってホルモンバランスを崩します。ホルモンバランスが崩れると皮脂の過剰分泌が起きますので、これが頭皮ニキビの原因となることもあります。

過剰なストレスはニキビにとって間接的要因となります。人は誰でもストレスを感じるものではありますが、上手にストレスを緩和しましょう。

ホルモンバランスの乱れ

ホルモンバランスが乱れると女性ホルモンの分泌が減り、男性ホルモンの分泌が過剰になる場合があります。男性ホルモンの分泌は皮脂分泌を促し、そこにアクネ菌が増殖するとニキビの原因となります。

女性は特に月経前などに肌荒れが起きたりニキビができやすくなりますね。これは月経前の排卵期にホルモンバランスが乱れてしまうことにあります。

頭皮のニキビが薄毛・ハゲの原因になる?

頭皮ニキビが直接的に薄毛やハゲに関係するわけではありません。頭皮ニキビができる環境が薄毛やハゲにつながるということです。

頭皮ニキビができる頭皮環境は、皮脂分泌が過剰で頭皮も荒れているといえます。頭皮の皮脂の過剰分泌は毛穴づまりを起こし発毛を妨げますし、荒れた頭皮は発毛サイクルに影響を与えます。これは薄毛やハゲの原因となることは否めません。

最近、髪の毛が薄くなったと感じる方はまず頭皮環境が悪化していないかを確認することです。頭皮ニキビがちらほら見受けられるかもしれませんよ。

頭皮のニキビの治し方

シャンプーを変える

合成界面活性剤の入ったシャンプーで何度も頭皮を洗うことは頭皮のバリア機能を低下させます。バリア機能とは本来お肌が持っている、お肌を健康に保つ機能です。私たちの皮膚は、そもそも水分を保ったり外部刺激から守る機能を持っています。ですから合成界面活性剤で大切なバリア機能を失われては大変なのです。

洗髪は1日1回で十分です。できるだけ低刺激のシャンプーを使い、頭皮マッサージをしながら血行が良くなることを意識してください。

洗髪後は、すぐに乾かすことです。髪の毛というよりも頭皮にドライヤーを当てて湿気をなくしましょう。頭皮が蒸れることはお肌の代謝を悪くさせる原因となり頭皮ニキビが悪化してしまいます。バスタオルを巻いたまま長くいることやナイトキャップなどは頭皮を蒸らしてしまいますからおすすめできません。

タバコを控える

喫煙は頭皮ニキビによくありません。

大量のビタミン類が失われる

喫煙で血中のビタミンは失われていきます。タバコ1本でビタミンCが25~100mg破壊します。ビタミンCは、ニキビ改善に必要なお肌の生まれ変わりであるターンオーバーを促していたり、皮脂の分泌を抑制する働きを持っています。喫煙でビタミンCを破壊してしまっては、頭皮ニキビの改善は望めません。

血管を収縮させ血行が悪くなる

タバコが含むニコチンは毛細血管を収縮させるため喫煙で血流が悪くなります。血流が滞るということは栄養が行き届かないということです。これはターンオーバーを崩し、お肌の生まれ変わりはうまくいきません。喫煙を続けると頭皮の荒れが改善されませんので頭皮ニキビはできやすくなります。

ストレスを減らす

ストレスは、社会生活の心理的なストレスばかりではなく、生活環境によっても体にストレスを与えるケースがあります。疲労や睡眠不足、運動不足などもそうですし、乱れた食生活や喫煙、飲酒なども体にはストレスとなります。また、ストレスが蓄積されていることに気付かない場合もあります。

日頃からうまくストレスを解消できるように心掛けましょう。これが正常なターンオーバーを保つポイントです。ターンオーバーが正常化すると頭皮ニキビも改善されます。

皮膚科での治療

皮膚科での頭皮ニキビ治療は、ステロイド剤の外用薬や抗ヒスタミン剤の内服薬の処方が一般的です。化膿がひどい場合はレーザー治療を施す場合もあります。

ニキビのもとになるアクネ菌を殺菌するため抗生剤が用いられます。抗生剤には内服薬と外用薬があります。内服薬にはルリッド錠やクラリス錠があげられ、外用薬にはダラシンTローションやアクアチムローションが代表的です。

角質を薄くすることが目的の薬ディフェリンゲル。ニキビの原因が、ターンオーバーの低下による角質化で毛穴閉塞からくる場合、ディフェリンゲルはたいへん有効です。

ディフェリンゲルは他の薬と併用する場合もあります。その場合は、ローション剤などを先に塗ってからディフェリンゲル重ねて塗ることが多いものです。皮膚科から処方されたお薬は医師の指示にしたがって使用しましょう。