隠せない首ニキビはなぜできる?自宅でできる治し方を紹介

首

ニキビはどこにできても、嬉しいものではないけれど、隠す方法があれば、まだましだとは思いませんか。でも、首ニキビのように、髪型、メイク、洋服などで隠すことが難しいニキビもあります。

しかし、ものは考えようです。隠すことが難しいのなら、一日も早く治してしまいましょう。ニキビ対策は早めに対策に打って出て、悪化させないことが第一です。もし貴方が首ニキビに悩まされているのなら、原因をきちんと把握して、正しいケアを今日から始めましょう。

首ニキビはなぜできるの?まずは原因を知りましょう。

原因①:乾燥しすぎなお肌、保湿不足のお肌。

ニキビの原因は、お肌に皮脂や汚れが残って、毛穴が詰まってできてしまうと思われている方もいるかと思いますが、乾燥しすぎだったり、保湿不足でもニキビはできます。首にできてしまう首ニキビは、往々として、これが原因です。

というのも、しわが嫌、シミが嫌ということで、顔は熱心にケアをするのに、首のケアは雑になりがちではありませんか。顔と同様に、首も外気に露出しているので、ケアをしなければ乾燥が進み、お肌はごわごわし、毛穴に皮脂が詰まりやすい状態になります。

原因②:ホルモンバランスが乱れてしまっている。

ホルモンバランスが乱れてしまうと、どうしてもニキビができやすくなります。首にできるものの場合、芯がどこにあるかはっきりしないしこりニキビの原因はホルモンバランスが乱れが原因のことが多いです。

「ターンオーバー」という言葉をお聞きになられたこと、あるかと思います。お肌はこのターンオーバーによって、古い角質層が剥がれ落ち、新しい皮膚が生まれ出ます。ホルモンバランスが崩れていると、これが正常にできなくなります。

そうすると、本来は剥がれ落ちていなければいけない角質が毛穴を塞ぎ、毛穴から出ていくべき老廃物や皮脂が外に出ることができなくなって、ニキビとなります。この手のニキビは皮膚の奥深いところで炎症を起こしている場合が多く、厄介です。

原因③:外部刺激が強すぎる。

首のお肌は外気に触れているだけでなく、ストールやタートルネックやシャツの襟など、普段、貴方が普通に着ているお洋服からも刺激を受けています。

服は着ない訳には行きませんし、オシャレも大切です。しかし、お肌に負担が大きそうな素材、例えばポリエステルなどは、避けた方が良いです。また、枕やシーツなどからも刺激は受けますので、それらの素材にも気を遣いたいところです。

ニキビは作らないことが一番ですが、できてしまったらくよくよせずに、悪化させずに早く治すことに専念しましょう。そして、是非、ファッション的なことだけでなく、ひりひりやチクチクといったお肌の違和感にも、耳を傾けてあげましょう。

原因④:血行不良である。

血行不良というと冷え性をイメージされる方、多いと思いますが、血行不良はターンオーバーのサイクルも崩します。

血行不良は背中を丸めた猫背の状態や、体に合っていない枕を使い続けていたりしても、起こります。デスクワークをする際など、ついつい首が前に出た状態になります。血行を良くし、一日も早く首ニキビを治すためにも、姿勢を正しましょう。

また、たくさん寝ても疲れが取れない、肩こりがするという方は、枕が体に合っていないことからくる血行不良が疑われます。体に合った枕に代え、首ニキビはもちろんのこと、疲れや肩こりともさよならしましょう。

原因⑤:首周りの衛生状態が良くない。

衛生状態が良くないと言われると、少しショッキングです。しかし、毎日、お風呂に入って、お洗濯をしていても、シャンプーやリンス、ボディソープなどが綺麗に落ちていなければ、ニキビの原因となり得ます。

また、髪の毛やマフラー、コートの襟などは、首ニキビを悪化させる原因となります。首ニキビができている時は、その部分を必要以上に刺激しないようにしましょう。

原因⑥:紫外線はニキビにも悪い。

紫外線はお肌の敵で、ニキビにも悪いです。首はその紫外線の影響を受けやすいところでもあります。

恐ろしいことに、紫外線は皮膚の角質層へ直接影響を与え、ターンオーバーのサイクルを乱します。首ニキビを作らないためにも、紫外線対策はしっかりしましょう。

首ニキビの治し方:治してしまおう首ニキビ。

治し方①:保湿を丁寧にする。

貴方の首ニキビが乾燥によるものであれば、くよくよする必要はありません。正しく、かつ、きちんと保湿をし、治してしまいましょう。

お肌には自分で自分を守ろうとする力が備わっています。そのため、乾燥が進むとお肌の潤いを守らないといけないと思い、皮脂の分泌させます。しかし、実際のお肌は乾燥したことによってごわつき、ターンオーバーが上手くできていないため、分泌された皮脂が外に出ることができず、ニキビ化してしまいます。

だから、首ニキビを作りたくないのであれば、首もまた保湿ケアをしっかりしましょう。

使う化粧品は、保湿成分、例えば、水溶性コラーゲン、ヒアルロン酸、トリメチルグリシンなどが入っているものであれば、言うことはありませんが、切羽詰まっていないのであれば、お顔にしている化粧品で十分です。保湿するのと、しないのとでは、大きな違いがあります。

治し方②:ストレスを発散させる。

ストレスは万病の敵です。自律神経のバランスを崩し、体を冷やします。

また、ストレスは男性ホルモンを分泌させ、皮脂の分泌量を増やすので、首ニキビができやすくなります。ということで、ストレスは溜めこまずに、小まめに発散させましょう。

治し方③:外部刺激を減らす。

夏であれば髪をアップにしたり、小まめに汗を拭き、冬であればマフラーやタートルネックなど、首に触れる衣服は小まめに洗濯しましょう。

要は汗や雑菌を首の周りに留め続けないことです。汗をかいている自覚のある方は、汗をかいたなと思ったら、デオドラントシートなどで拭きとる習慣をつけましょう。

治し方④:枕を新しくする。もしくは、調節をする。

人間は寝ている時間もかなり長いです。だから、枕が遭っていないかもと思う方は、デパートや専門店にいる枕の専門家「ピローフィッター」に枕を選んでもらうのも一考です。

そこまでしなくてもと思われる方は、お使いの枕の上にタオルを重ねて、体が楽だなと感じる高さを探してみても良いでしょう。

治し方⑤:生活習慣を正す。

冷えはニキビの原因となります。食生活、運動、入浴、睡眠など、生活におけるそれぞれの項目を見直しましょう。そして、健康的な生活習慣を自分のものにして、血行促進に努めましょう。

治し方⑥:ピーリングを行う。

最近は皮膚科に行かなくても、自宅で行えるものもあるピーリング。これを定期的に行うことも首ニキビ対策としては有効です。

自宅で行うピーリング法の一つに、「ピーリング洗顔料」を使うという方法があります。この方法は洗顔時にそれを使って、古くなった角質や皮脂汚れなどを除去するだけのことなので、ピーリング初心者にも取り扱いやすくお勧めです。

使用法はメーカーごとに違います。お肌の調子を確認しながら、週に1回からのスタートにしましょう。

治らないニキビは、迷わず皮膚科で治療しましょう!

ニキビで病院に行くなんてと思っていませんか。行くんですよ。行って良いんです。特に、普通のニキビとは違う形の時や、しこりがあるニキビの時は、迷わず皮膚科に行きましょう。

しこりは皮脂や老廃物が毛穴に詰まって、肌の奥に膿ができてしまった証拠です。見た目には大きな変化がないように見える場合もありますが、赤みが見える場合もあります。

しこりを作るニキビは、他のニキビよりも治りが遅いと言われています。別の物じゃないかという心配も出てきますし、気になるようなら、早めに専門医の診断を受けましょう。