プラセンタ配合の化粧水はどれがおすすめ?ランキング形式で紹介します

清潔な肌

エイジングケアや美白効果が期待できるプラセンタ。様々なプラセンタ配合化粧水が販売されていますが、どれを選べばいいのか迷っていませんでしょうか。

化粧水を選ぶ際には、プラセンタ配合の有無以外にも注意すべき点があります。そこでこのページではプラセンタ配合化粧水について詳しく解説していきます。

プラセンタとは

プラセンタは胎盤を意味しています。プラセンタとは、動物がお腹の中で胎児を育てるための胎盤から抽出したエキスなのです。胎児を育てる胎盤には多くの成長因子が存在します。その成長因子には様々な効果が期待されています。

プラセンタの効果

プラセンタにはアミノ酸やたんぱく質、ミネラル、ビタミン、ムコ多糖体、酵素、核酸などが含まれており、様々な美容効果が期待できます。肌の潤いを保つほか、ターンオーバーの促進、ニキビケア、毛穴ケア、エイジングケア、美白効果などその効果は多岐にわたります。

美肌効果以外にも、ホルモンバランスを整えたり、抗炎症作用、活性酸素除去作用、免疫力を高める作用などがありますので、健康維持のためにも非常に有効な成分と言えます。

プラセンタの種類

医療現場で使われるプラセンタはヒトプラセンタの場合がほとんどです。しかし化粧水やドリンクなどに配合されているプラセンタはヒト以外から抽出されたものがほとんどで、馬や豚などの哺乳類の胎盤由来の動物性プラセンタや米ぬかから抽出される植物性プラセンタ、サケやマスの卵巣膜から抽出される海洋性プラセンタとなどが挙げられます。

ヒト以外から抽出されたプラセンタは、中には肌に合わない方も存在します。またプラセンタ注射を受けている場合、感染症を予防するため献血ができなくなるなどのデメリットもあります。

プラセンタ配合化粧水の選び方

ひとくちにプラセンタ配合化粧水と言っても、数多くの商品が存在します。そこで次にプラセンタ配合化粧水を選ぶ際に注意すべき点を解説します。

保湿成分が配合されているものを選ぶ

保湿成分

プラセンタ配合化粧水は、保湿成分も配合されているものを選ぶと良いでしょう。プラセンタの保湿力とその他の保湿成分が合わさることにより、しっかりと肌を潤わせることができます。

おすすめの保湿成分としては、セラミド、ヒアルロン酸、コラーゲン、リピジュアなどが挙げられます。

それ以外にも現在ではメーカー独自の保湿成分や保湿力を持つ植物エキス等、様々な成分が開発されています。肌をしっかり保湿したい方は、配合されている保湿成分の種類が多い化粧水を選ぶと、さらに高い効果が期待できるでしょう。

プラセンタの配合量が多いものを選ぶ

プラセンタ配合化粧水を選ぶ際には、プラセンタの配合量が多いものを選ぶことも大切です。プラセンタの配合量はより多い方が高い効果を期待できます。

配合量を選ぶ目安としては、全成分表示欄の5~10番目にプラセンタの成分表記があれば高配合の化粧水であると考えられます。ただし配合量が1%以下の成分は順不同になってしまうため、注意が必要です。全成分表示欄を確認して高配合の化粧水を選びましょう。

馬プラセンタ配合のものを選ぶ

馬プラセンタ

前述したようにプラセンタにはいくつかの種類があり、その用途や価格・効果などに違いがあります。

ヒトプラセンタは効果が一番高く安全性も高いですが、医療用に限られており高価です。

化粧水などに使用されるプラセンタの中でも馬プラセンタは良質で安全性が高く、豚の300倍の必須アミノ酸が含まれており一番のおすすめです。

豚プラセンタは大量抽出できるため安価ですが、抽出元である豚には予防接種やワクチンを投与するため、安全性に不安が残ります。

羊プラセンタは人間の胎盤に似たアミノ酸を持っているため浸透力が高いですが、安全性の目安となるJHFA認定の対象外という欠点があります。

また以前は主流となっていた牛プラセンタは、狂牛病問題を機に2001年から国内では使用禁止となっています。

植物プラセンタや海洋性プラセンタは動物性プラセンタに比べ、その効果は低いと言われています。

肌への刺激となり得る成分が入っていないものを選ぶ

肌に良い成分が豊富に配合されていても、肌へ刺激を与える成分が配合されていては却って肌に負担をかけてしまいます。

以下に肌への刺激となり得る成分の主なものを列挙します。これらの成分が配合されているものを選んでしまわないよう、全成分表示欄をしっかり確認するようにしてください。

肌への刺激となり得る成分

  • アルコール、ステアリルアルコール
  • PG(プロピレングリコール)(保湿剤)
  • メチルイソチアゾリノン(防腐剤)
  • パラベン(防腐剤)
  • パラフェノールスルホン酸亜鉛(殺菌剤)
  • サリチル酸(殺菌剤)
  • 赤色◯号、青色◯号など(着色料)

おすすめのプラセンタ配合化粧水ランキング

次に乾燥肌や年齢肌でお悩みの方におすすめな化粧水を「プラセンタエキス高配合」「水溶性の美容成分配合」という点に着目して紹介します。

プラセンタファインモイストローション

プラセンタファインモイストローションプラセンタファインモイストローションは、北海道産の馬から抽出された上質なプラセンタが配合されたプラセンタ配合化粧水の最高峰と言える美容化粧水です。

18種類の保湿成も配合されており、整肌力や保湿力が非常に高い化粧水だと言えます。無添加・低刺激処方のため、敏感肌の方にもおすすめ。30代の女性に特に人気のある商品で、エイジングケアを始めるには理想的な化粧水と言えるでしょう。

ビービーラボラトリーズ

ビービーラボラトリーズビービーラボラトリーズに配合されているプラセンタは、国内の契約農場で育てた母豚から採取され、医療用技術を応用した独自技術で抽出されています。

プラセンタ原液の配合率が10%と非常に高く、ヒアルロン酸やコラーゲン、ハーブエキスなどを贅沢に配合。乾燥対策やエイジングケアに効果が期待できます。

ライジングプラセンタローション

ライジングプラセンタローションライジングプラセンタローションは国産馬由来のプラセンタを使用しており、トップクラスの品質を誇る化粧水です。

リピート率や満足度が非常に高く、乾燥肌や年齢肌が気になってきた方に特におすすめの商品です。マイナス10歳肌を目指せると言われる、年齢を経ても若々しい肌をキープしたい人のための化粧水で、30代から40代の女性に特におすすめの化粧水です。

いまの化粧水を変えたくない場合はプラスする

いま使っている化粧水から変えたくないという方には、プラセンタ原液を加えて使用することをおすすめします。プラセンタ原液では下記の商品がおすすめです。

フラコラ WHITE´st プラセンタエキス原液

フラコラ WHITE´st プラセンタエキス原液プラセンタサプリで有名なブランド・フラコラのプラセンタ100%原液です。

高い管理技術を持った国内の工場で育てられた豚のプラセンタを原料に使用しています。4〜5滴を化粧水に混ぜて使用することでプラセンタの栄養をダイレクトに肌へ届けます。

プラセンタ配合化粧水のつけ方

化粧水の浸透を高めてさらに効果を高めたいときは、下記のような使い方をおすすめします。

1.ハンドプレスで温める。

化粧水をつけるときは、コットンを使うよりもハンドプレスがおすすめです。

コットンを使うことの欠点は、ついつい力が入り過ぎてしまうことです。力を入れ過ぎたり肌をこするように使うと、肌へ刺激を与えてしまい肌荒れや乾燥の原因になります。

両手で顔全体を包み込むようにして優しく押さえましょう。手が冷たいときは、両手を擦り合わせると温めてからハンドプレスを行うと良いでしょう。

2.ローションパックを行う

1週間に2〜3回はハンドプレスしたあとにローションパックを行ってみてください。

化粧水をコットンやマスクシートに染み込ませて肌に当て、5分程度置きます。時間が長過ぎると却ってコットンが水分を吸い込んでしまうので、時間はしっかり守るようにしてください。ハンドプレスよりもさらに肌へ化粧水を浸透させることができますので、翌朝の肌質が明らかに変わっているでしょう。

プラセンタ化粧水は危険か

プラセンタ配合化粧水を使ったら湿疹や紅斑が出たなどという悪い噂がもあります。この噂には、利権などの問題で嘘の噂が流されているという説もあります。実際に噂にはなっているものの、マスコミなどで大きく取り上げられたことはありません。

プラセンタ注射などではプラセンタは医薬品として使われています。また品質規格基準であるJHFAにおいても馬や豚のプラセンタは認定を受けています。国内の製品であれば、心配する必要はないと言えるでしょう。

植物プラセンタと海洋性プラセンタ配合の化粧水に注意

植物性プラセンタ

ただしプラセンタ配合化粧水の中でも使用に注意が必要なものは存在します。植物プラセンタや海洋プラセンタと記載のある化粧水です。

穀物や果物、野菜から抽出した女性ホルモンに近い成分が植物プラセンタと呼ばれていますが、当然植物に胎盤がありません。植物性プラセンタにはプラセンタの特徴である成長因子が含まれていませんから、動物性プラセンタと比較すると効果は非常に低くなります。

海洋性プラセンタは、主にサケやマスなどの卵巣膜から抽出されます。栄養素は豊富ですが植物性プラセンタと同様に成長因子は含まれておらず、効果は非常に低いと言えます。

全成分表示欄を見て、植物性プラセンタ、海洋性プラセンタと表記されていないかよく確認するようにしましょう。

用量、使用方法をしっかり守る

化粧水はより効率良く使用するための使用量や使用方法が、商品によってそれぞれ異なります。まずは決められた目安量通り使うようにしましょう。

決められた目安量を使ってみて、それでは足りずに肌がカサついたり逆に多過ぎてべたつくようなことがある場合には、量を加減して使用してみてください。

また化粧水は手でつける方法とコットンでつける方法がありますが、メーカーによってはどちらかの使用方法が推奨されている場合もあります。メーカー推奨の使用方法は、その化粧水をより効果的に使うためのものなので、できるだけその使用方法に従う方が良いでしょう。

まとめ

プラセンタ配合化粧水は、肌に潤いを与えてなめらかに整える他、様々な効果が期待できます。プラセンタ配合化粧水を効果的に使用して、健康で美しい肌を目指しましょう。