紫色・茶色に色素沈着したニキビ跡の治し方

色素沈着したニキビ跡

赤みのあるニキビ跡が悪化して茶色や紫色のシミのような状態になってしまったニキビ跡の治し方を紹介します。

皮膚科で高額な治療を行わなくても自でのケアで色を薄くすることができるのでぜひ参考にしてください。

色素沈着したニキビ跡の原因

茶色や紫色に色素沈着してシミとなったニキビ跡の原因は、初期段階である赤っぽいニキビ跡と比べて肌の奥深くにあります。

茶色の場合と紫色の場合では原因が異なるのでそれぞれ詳しく見ていきましょう。

紫色のニキビ跡の原因

紫色に変色したニキビ跡が残るのは黄ニキビや赤ニキビができた毛穴の周りの毛細血管が破裂して血がにじみ出しアザのような状態になってしまうことが原因です。

赤みのあるニキビ跡を放置して悪化するとこの種類のニキビ跡になりやすく、シミを残さないように治すためには継続的なケアが必要です。

茶色のニキビ跡の原因

茶色のシミのようなニキビ跡が残るのは、赤いニキビ跡や紫色のニキビ跡に長時間紫外線や外部刺激を与え続けてメラニンが生成されたことが原因です。

本来メラニンはお肌を守るために生成される大切なものですが、顔にできてしまうとシミになってしまいます。

色素沈着したニキビ跡の治し方

この状態のニキビ跡は跡ができてから時間がたっているため、完全に治るまでは時間がかかります。長いスパンで考え気長にケアするようにしましょう。

ビタミンC誘導体が配合された化粧水・美容液を使う

色素沈着したニキビ跡を治すためにはビタミンC誘導体(リン酸やAPPS)が配合された化粧水や美容液を使ってケアするのがおすすめです。

ビタミンC誘導体とはその名の通り抗酸化作用や美白などの効果があるビタミンCを誘導体化させたもので、もろく壊れやすいビタミンCを効果的に肌に浸透させることができます。

ビタミンC誘導体が配合された化粧品はニキビ対策にも効果があるので、ニキビ跡のケアだけではなく日々のニキビケアに使うのもおすすめです。

おすすめはノブACアクティブ

ビタミンC誘導体が配合されているおすすめのニキビ化粧品はノブACアクティブです。時間はかかりますが色素沈着したニキビ跡にも効果を発揮しますし、ニキビ予防にもなるのでおすすめです。

ニキビ化粧品は肌に合うor合わないがあるので、トライアルセットで試してから本契約するようにしてください。

紫外線を防ぐ

先ほども述べたように紫外線を浴びることで活性酸素が発生し、茶色のシミができる原因となるメラニンが生成されてしまいます。

紫色のニキビ跡も紫外線を浴びることで茶色のシミになってしまうので、ニキビ跡を悪化させないためにも日差しの強い日に外出する際は日傘を使う、日焼け止めを塗るなど紫外線対策をしてから出かけるようにしましょう。

ピーリング

古い角質をピーリング剤と呼ばれる薬剤を使い落とすピーリングもニキビ跡を治すのに効果があります。ピーリングは肌への刺激が強いため敏感肌の方は避けるようにしてください。

また、使用頻度が高すぎると肌が強い方でも荒れてしまうのでピーリングを行うのは1週間に1度程度にしておきましょう。

ピーリングは皮膚科でも自宅でも行うことができます。お金に余裕があれば確実・安全に治療してくれる皮膚科に行くことをおすすめしますが、ピーリングは保険適用外のため1回の治療で1万~2万年程度のお金がかかってしまいます。

自宅でピーリングする場合は数千円で済ますことができるので、お金に余裕がない方はホームピーリングがおすすめです。

ピーリングした後は肌が傷んでいるため必ず化粧水や美容液で保湿するようにしてください。

睡眠時間の確保

ニキビケアと同様に睡眠時間を確保することでニキビ跡が治るまでの時間を短縮することができます。0時前には布団に入る・6時間以上は寝る・質の高い睡眠、この3つがニキビ跡ケアに効果的な睡眠のとり方です。

睡眠時間を長くとることはお肌だけではなくストレスを解消し、ホルモンバランスを整えることでニキビを予防する効果もあるので、意識して睡眠時間を確保するようにしましょう。

外部刺激を防ぐ

外部からの些細な刺激もニキビ跡を悪化させてしまう原因になります。

髪の毛や直接触るなどといった刺激も悪影響を与えるので、ニキビ跡を早く治すためには直接触らないこと、髪の毛が触れる場合は縛ったりピンでとめたりすることに気を付けてください。