口コミから選んだニキビ跡に効果がある化粧水ランキング

洗顔

せっかくニキビが治っても跡が消えていない。。。なんて悩みを抱えている方は多いかと思います。ニキビに比べてニキビ跡を治すのには時間がかかり目立ってしまうので悩んでしまいますよね。

そこで今回はニキビ跡を治す効果がある化粧水を口コミや成分を参考にしながらピックアップしました。ニキビ跡に悩んでいる方はぜひ参考にしてください。

ニキビ跡化粧水を選ぶポイント

肌を柔らかくする化粧水を選ぶ

肌を柔らかくする化粧品を選ぶポイントは、成分表をしっかりと見ることが重要です。

「ヒアルロン酸」や「水溶性コラーゲン」、「ローヤルゼリー」や「エラスチン」などこれラの成分が入っているかが選ぶポイントです。ヒアルロン酸は高い保水力を持ち、角質層や真皮まで届く浸透性がすばらしく、さらに、たるみをなくし肌にハリを取り戻します。

コラーゲンは肌に含まれるたんぱく質の一種であり肌の再生機能を促すので、結果肌のハリと艶を取り戻し、プルプルのお肌になるのです。ローヤルゼリーやテアニンは、肌の保湿効果が抜群で、新陳代謝を促します。このような成分を中心に選んでみてはいかがでしょうか。

ニキビ跡の種類に合った化粧水を使う

ニキビ跡は、なかなか治らないこともあってあせって、間違った化粧品選びをすることも多いですが、まずはニキビ跡の種類に応じたケアが行えていないのが原因の場合が多いです。赤みが残るタイプで有効なのは、炎症を抑えるのに優れているビタミンC配合入りの化粧品が有効です。

また、茶色いシミタイプやクレータータイプには、ピーリングが有効です。赤みが残るタイプに比べ、消えるまでに時間がかかるといわれており、その間に日焼けなどで色素沈着してしまう恐れがあり、ピーリングで消すのが有効とされています。

その際に注意するのは、けっして、刺激の強いものは選ばず、マイルドな洗い流すタイプのものを選ぶことです。ピーリングをした場合、必ず十分な保湿を心がけてください。

返金保証制度がある化粧水を選ぶ

ニキビ跡が出来る原因や状態は人それぞれで自分に合う物を見つけるには、実際に使ってみないとわからないということはよく言われています。

ドラッグストアで販売されている商品よりもネット通販で販売されている商品の方が種類が多く買いに行く時間がない人でも注文ができ効き目もいいとされています。でもネット通販では詐欺や、知らないメーカーなどいろいろ不安がありメリットが高い分デメリットも高いです。

そこで、返金保証制度があるショップは製品に自信があり肌に合わなかった場合、購入金額を返金するというもので、あるショップは安心できます。

定期購入プランは、数ヶ月購入条件など制約があり肌に合わなかった場合はデメリットですが、効き目を実感するのは最低でも1ヶ月程かかるので購入忘れを防げるという点ではメリットになります。

定期購入割引などあるショップもあるので、単品で購入して試す場合と定期購入で購入したときのデメリットを比較して決めるのも1つの方法です。

ニキビの種類ごとの化粧水の選び方

↑でお話ししたように自分のニキビ跡の種類に合った化粧水を選ぶのがニキビケアの第一歩です。ここではニキビ跡の種類ごとに有効な成分を紹介します。

色素沈着に効果がある化粧水の選び方

色素沈着にはハイドロキノンの入ったクリームが効果的です。ハイドロキノンとは、昔から皮膚科で処方されている美白効果のある成分です。最近では、市販の美白化粧品にも配合されていることがあり、手に入りやすくなりました。

色素沈着とは、メラニン色素が生成された状態、つまりシミです。

ハイドロキノンは、そのメラニン色素の生成を抑えてくれます。ただし、使い方にはとても注意しなくてはなりません。ハイドロキノンは紫外線に強く反応するため、塗ったあと日中外出する場合は必ず日焼け止めを塗る必要があります。そうしないと、逆に濃いシミを作ってしまう場合があります。

色素沈着に有効な成分

購入前に化粧水の成分表を見てみましょう。美白化粧品で最も多いのが「ビタミンC誘導体」でしょう。メラニン色素を漂白する効果があります。

しかしビタミンCというのは外から取り入れると汗腺の汗や体から出る水蒸気と共に外に出てしまうのです。ビタミンCを効率よく取り入れるためにそれに特化し加工したものが「ビタミンC誘導体」というものがあり、誘導体と違い、きちんと肌に浸透してくれるので、選ぶのならこちらを選ぶのがベスト。

キチンと成分表を確認し、効率よくビタミンCを取ることが、美肌になる近道といってもいいでしょう。サプリメントでとるのもいいですね。

赤みが残るニキビ跡に効果的な化粧水の選び方

赤味タイプのニキビ跡の原因は炎症が考えられます。なので、炎症を改善して、肌の修復を促してくれる化粧水を選びましょう。

ここで重要なのが保湿です。肌の状態を健康に保つことでバリア機能を高めることが、改善への第一歩です。

赤みタイプのニキビ跡に有効な成分

まず、ニキビ跡を治すことに有用な成分がビタミンC誘導体です。ビタミンC誘導体には肌のターンオーバーを改善する効果があります。さらに、ニキビの再発を抑える効果もあるので、予防にもつながります。

天然保湿成分が配合してあり、美肌美白成分をたっぷりとふくんだプラセンタが有効だと考えられます。こういった成分を含んだニキビ跡専用の化粧水を使用することをお勧めします。

クレーター状のニキビ跡の化粧水の選び方

クレーター状のニキビ跡に効果のある化粧水とは、コラーゲンの元となる細胞を増やす成分や、コラーゲンを作り出すことのできる成分を配合している化粧水です。

ビタミンCには皮膚の真皮層でアミノ酸からコラーゲンが作られる時に必要な酵素を助ける働きがあります。

そのことからビタミンC誘導体を配合した化粧水にクレーター状のニキビ跡を治す効果があると言えます。ビタミンC誘導体を配合した化粧水はドラッグストアなどでも入手することが出来ます。

他には肌の角質を柔らかくして新陳代謝を活発にすることにより、肌のターンオーバー(生まれ変わり)を促進する効果のあるビタミンA誘導体のレチノールが配合されている化粧水にもクレーター状のニキビ跡を治す効果があります。

クレーター上のニキビ跡に有効な成分

ニキビの痕がクレーターのようにデコボコになってしまった状態の時には、保湿ケアをしっかりと行うことが大切です。保湿ケアを行うと肌のターンオーバーが正常化されて、肌の修復が早くなります。

具体的な成分には、プラセンタ、グリセリン、セラミド、コラーゲン、ヒアルロン酸、尿素などがあります。中でもセラミドは保湿成分の中では一番保湿効果があります。

また、プラセンタは保湿効果以外にも、肌のコラーゲンの生成を促す効果もあるのでクレーターニキビには最適な成分です。これらの成分のはいって化粧水を使ってしっかりと肌を保湿してあげることが大切です。

ニキビ跡におすすめな化粧水ランキング

パルクレール美容液

パルクレール美容液

パルクレールはオールインワンゲルという、化粧水、乳液、美容液、一つになっている優れもの。プレセンタという成分はメラニン色素を抑え、コラーゲンの生成を促すことで、クレーターニキビに対して効果的です。

パルクレール美容液は、肌の乾燥に対して2~3日で効果が実感でき、赤ニキビに対しては1~2週間ほどで効果が出てきます。

ニキビ跡にも有効で、先陰性のある薬と併用することで、白ニキビや黒ニキビにも効果があります。副作用もあります、肌の発疹、発赤、刺激感、かゆみなどを発症する場合があるので、症状が出たら直ちに使用を禁止しましょう。

ビーグレン

ビーグレンCセラム

ニキビケアで有名なビーグレン。その理由は、ビーグレン独自の浸透技術や特許技術を用いてスキンケア用品を作っているからです。

ビーグレンの化粧水にはホメオシールドVCエチル、EDP3、アッケシソウエキスの4つの美容成分が含まれています。

この4つは肌の保湿や弾力、バリア機能の改善が期待できる成分になります。さらにビーグレンの化粧水は、ニキビによって荒れてしまった肌を整えるためにリモロナイトが配合されています。

これによりニキビによる炎症を抑えることができます。高い保湿力と抗炎作用により、確実にニキビを整えることができるのがビーグレンの化粧水の特徴です。

背中のニキビ跡ならジッテプラス

ジッテプラス背中ニキビを改善させる効果があるジッテプラス、「アクシアトリプルヒアルロン酸」という保湿成分が顔の五倍は皮膚が熱いといわれる背中に浸透します。そして栄養や水分を十二分に保ち、お肌の油分の比率を8:2の黄金バランスへと導きます。

さらにこれ一つで毛穴を洗浄し、ニキビ跡を美白効果で押さえ改善し実現。背中だけではなく全身にも利用できあらゆる部位の繰り返しニキビなどに使用できます。

今まで背中を意識していなかった人がふと背中を見るとニキビで悩ませることはありがちです。

ジッテプラスは選択肢の一つですが、背中ニキビにはとても効果的なのです。

VCスターター

VCシリーズニキビやニキビ跡に効果がある成分として有名なビタミンC誘導体を超える最新型のビタミンCとしてVC(ビタミンC)200が出来ました。

肌への浸透力がビタミンCのおよそ200倍の効果がある上に肌への刺激も少ないので敏感肌の人でも安心です。

ニキビ跡化粧水VCスターターはこのVC200が配合されているニキビケア化粧品です。思春期ニキビから大人ニキビまできれいな肌に導いでくれます。

赤いニキビ跡にもできてしまったニキビにも効き目が期待できます。香りも刺激もほとんどないので使いやすいのでニキビで悩んでいる人は試す価値のある化粧水です。

POLAWHITISSIMO 薬用ローションホワイト

POLAWHITISSIMO 薬用ローションホワイトは保湿に優れており、美白を意識されてる方へメラニンの生成(メラニン色素を生み出すのはお肌の奥にありますメラノサイト細胞です)シミ・ソバカスを抑えます。

とろみがあり、つけた瞬間お肌にすーっと馴染む感じで各層(お肌はいくつもの層でできております)の奥深くまで優しく入り込みしっとり感に包みこまれます。

使い続けると徐々にキメが整ってきて、くすんだお肌を明るいお肌へと導いていってくれます。薬用美白とお肌のしっとり感を存分にお楽しみいただき、お肌が整っていく過程と充実感を是非感じていただきたいと思います。

正しい化粧水のつけ方

肌のためになる化粧水も、つけ方を間違えると効果が半減してしまいます。ぜひ基本的な化粧水のつけ方を覚えておきましょう。まず、どのタイミングでつけるのか?ですが、一番いいのは洗顔後です。

洗顔後は皮脂が取れ肌が乾燥している状態なので、そこに化粧水が浸透していくことで肌に潤いが与えられ効果的です。そして、手でつけるかコットンでつけるかですが、これはどちらもメリットデメリットがあるので、それぞれ自分の好みに合う方法を選びましょう。

手でつける方が肌への刺激は少ないですが、手の雑菌が肌へつく事も。コットンは衛生的ですが、繊維の摩擦で肌が傷つく場合もあります。次にどのくらいの量をつけるかですが、これは商品によって違うので、使用法の適量を守りましょう。

つい多く使った方が効果があるような気がしますが、余分な水分をつけすぎると逆に肌が乾燥したり肌荒れの原因になります。いよいよ肌につけていきますが、まずはおでこや頬など広い部分から優しく馴染ませるようにつけましょう。

その後に、目元や小鼻、口元など乾燥が気になるところを丁寧に押さえながらつけていきます。この時NGなのが、強くパッティングしたり、擦りつけるように肌につけること。

肌は繊細で摩擦に大変弱いので、強い刺激を与えるとキメが壊れ、様々な肌トラブルの原因になってしまいます。このような基本をしっかり押さえることで、化粧水の効果を最大限に生かすことができます。

化粧水があっていない場合は?

化粧水が合っていない場合、主に

  • かぶれがでる
  • 痒くなる
  • 赤みが出る
  • ピリピリする(刺激を感じる)
  • 肌荒れを起こす
  • 極度の乾燥肌状態になる

などの症状が個人差はあるものの1〜3日以内に現れます。

このような状況を避けるためには、パッチテストを行うことが効果的です。

パッチテストのやり方

  1. コットンや絆創膏に化粧水をつけ、体の柔らかい場所(二の腕の内側など)に張り24時間待つ。※この時濡らさないようにする。
  2. 24時間経って腫れや痒み赤みが出ていないか確認する。
  3. 問題が無ければ使用してもOK。

パッチテストの途中で痒みや炎症が出た場合はパッチテストを中断し洗い流して下さい。症状が続く場合は原因と思われる商品を持って医師に相談しましょう。

化粧水だけじゃない!ニキビ跡をより改善させるには

生活習慣を見直す

生活習慣が乱れていることにより新しいニキビが発生してしまったり、ニキビ跡を悪化させたり増やしてしまったりすることがあります。

生活習慣を見直すことは即効性こそないものの体質改善に繋がりますので、ニキビやニキビ跡の出来にくい身体を作るのに役立ちます。

食生活の改善やストレスを溜め込まずにしっかり解消すること、質の良いまとまった6時間以上の睡眠を取ることや適度な運動をすることもニキビ跡の改善へと直結しています。

他の病気などにも同じことが言えますが、まず規則正しい生活をすることがニキビ跡の改善には有効なのです。

紫外線ケア

ニキビ跡のケアといえば、まず化粧水や乳液などを使った保湿などのケアを重点的に考えるかと思います。しかし、ニキビ跡のケアには紫外線ケアも重要です。ニキビ跡の改善のためのケアよりもまず、悪化しないためのケアをしないと根本的な改善にはならないからです。

紫外線はしみの原因になったり肌の老化を進めるだけでなく、ニキビの炎症を悪化させニキビ跡を出来やすくしたり、今あるニキビ跡をより悪化させてしまう可能性があります。

そのため、肌全体のケアに加えてニキビやニキビ跡のケアにも、紫外線対策は最も重要なスキンケアだと言えるでしょう。

美容液も合わせて使う

ニキビ跡をより改善させるためには、普段のスキンケアにもうひと手間加えることが大切です。ニキビ跡に効果のある、ビタミンC誘導体の配合された美容液や、ターンオーバーを促すスキンケアを取り入れましょう。

ニキビ跡は、肌の炎症や刺激によってメラニン色素が過剰に作られるためできてしまうものです。そのニキビ跡を薄くしていくためには、ビタミンC誘導体が配合されたスキンケアでターンオーバーを促すことが効果的なのです。

また、普段の食事からビタミンを摂るようにこころがけ、しっかり睡眠をとることで肌のターンオーバーが促され、ニキビ跡改善に繋がります。