乾燥肌のニキビの治し方

肌がかさついたりつっぱってしまったりしがちな乾燥肌の人のためのニキビの治し方を紹介します。大人ニキビは脂性肌だけではなく乾燥肌にもできやすいニキビなので、皮脂が少ないからと言って油断は禁物です。

乾燥肌にできるニキビの原因

一般的にニキビは角質と肌の油分が原因で出来ると思われていますが、この2つが少ない乾燥肌でなぜニキビができてしまうのでしょうか。その理由は顔にできるニキビ、特に大人ニキビは乾燥が原因で出来てしまうこともあるからです。

詳しく説明すると、乾燥肌の人は一般的な肌に比べて皮脂分泌量が少なく、外部から肌を守ってくれるバリアのような働きをする皮脂膜が上手に形成することができません。皮脂膜がうまく形成されていないと雑菌が入り込んでニキビができてしまうのですね。

また、乾燥肌は角質層の水分が蒸発しやすいので古い角質が残りやすく、残った古い角質は硬く厚くなって毛穴を細くしてしまいます。細くなった毛穴には少量の皮脂でも詰まってしまうので乾燥肌の人でもニキビができてしまうんです。

肌に合わない化粧品の使用

ニキビ用の洗顔料として売られている市販品の中には皮脂をしっかりと落とす洗顔力の強いものも存在します。

皮脂分泌量の多い脂性肌の方の場合はこのような種類の洗顔料を使っても問題ないのですが、乾燥肌の人が洗顔力の強い洗顔料を使用すると皮脂を落としすぎて逆にニキビを作る原因になってしまいます。

特に男性用の化粧品は洗顔力が強いものが多く乾燥肌の男性が男性用化粧品を使い余計にニキビが悪化してしまったケースがよく見られます。

乾燥肌の方の場合はニキビ用と書いていなくても洗顔力弱めの洗顔料を使い、保湿力・浸透力が高い化粧水を使う必要があります。

男性ホルモン過多

大人ニキビのような乾燥が原因で発生するニキビができやすい場所はフェイスラインや口周り、あごです。これらの場所は男性の場合はひげが生えやすい箇所であることからも明らかなように、男性ホルモンの影響を受けやすい箇所です。

女性であれば男性ホルモンは分泌されていないと思われるかもしれませんが、男性に比べれば少量ですが女性でも男性ホルモンが分泌されいるんです。

男性ホルモンには皮脂の分泌を促す働きと肌バリアの機能を低下させる働きがあるので、男性ホルモンが過剰分泌されるとこれらの部位にニキビができる原因になってしまいます。

男性ホルモンの過剰分泌は食生活・生活習慣の乱れが原因です。外食を繰り返したり睡眠時間をあまりとっていなかったりするとホルモンバランスが乱れてニキビができやすくなります。

加齢

人間は年を取るとともに皮脂膜と角質細胞間脂質と呼ばれる肌の乾燥を防いでくれる細胞間物質の保湿機能が衰えて、肌が乾燥しやすくなってしまいます。この肌の保湿機能の衰えは女性であれば30代、男性であれば40代から始まると言われています。

また、保湿機能の衰えと同時に代謝能力も落ちていくので、本来28日がよいとされている肌のターンオーバーの周期が年を取るとともに40日、50日と長くなり大人ニキビを作る原因となります。

季節

日本では秋から冬にかけて空気が乾燥しますが、この空気の感想は肌の状態にもダイレクトに影響します。思春期ニキビの場合は湿度が上がる夏場に悪化しがちですが、大人ニキビの場合湿度が下がり空気が乾燥する秋から冬にかけて悪化しやすいです。

特に秋は紫外線がまだ強い季節なので、紫外線の刺激による肌のバリア機能の破壊と角栓発生の原因となる角質肥厚の誘発もニキビができる原因になります。

乾燥肌のニキビの治し方

毎日のスキンケアを欠かさない

角質層の水分量が15%の状態を保てれば本来の肌機能により皮脂膜が形成され、肌のターンオーバーも行われて自然とニキビは治っていきます。

乾燥肌の人は角質層の水分量が15%を切っているので、たとえ男性であっても化粧水・乳液やクリームなどの化粧品を使って肌を保湿してあげる必要があります。

化粧品の使い方としては乾燥しやすいフェイスラインやあご、おでこなどTゾーンとUゾーンを中心にセラミド配合の保湿力の高い化粧水を使うようにしてください。乾燥肌でなおかつ特定の個所にニキビが集中している場合はその場所だけに保湿力の高い化粧水を使いましょう。

また、洗顔の際は強くこすりすぎず優しく洗うようにし、洗顔料が残りやすいあごやフェイスラインまでしっかりと洗い流してください。

肌の乾燥がひどい場合はクリームの使用も効果がありますが、油分の入りのクリームに含まれている界面活性剤は自然に形成された皮膚膜を溶かして角膜を傷つけてしまう可能性があります。

糖類・多糖類・アミノ酸が配合されたノンオイルローションは皮膚膜を溶かしてしまう心配がないので、クリームを使用する場合はノンオイルローションの使用をおすすめします。

おすすめの乾燥肌向け化粧品

乾燥肌にできたニキビのスキンケアにお勧めな化粧品をいくつか紹介します。

ノブAC アクティブ
価格内容高保湿成分無添加成分
トライアルセット
1,500円 / 7日分
メイク落とし・洗顔料・化粧水・乳液ヒアルロン酸、セラミド3、リピジュア香料、着色料 / ノンコメドジェニックテスト、パッチテスト、アレルギーテスト済み

現在@コスメで乳液ランキング1位の化粧品です。皮脂を落としすぎない洗顔料と保湿力が高いのにも関わらずベタつかない化粧水・乳液が乾燥肌のニキビを治すのにぴったりです。

乳液までつけると肌がべたつくので普段は乳液を付けていないという方でもノブACアクティブはベタつきにくいので、トライアルセットで乳液まで使えるのか様子を見るのがおすすめです。

オルビスクリアシリーズ

脂性肌の方には向きませんが、しっかりと保湿してくれるので乾燥肌・敏感肌の方におすすめな化粧品です。場所によって乾燥具合が違う混合肌の方は乾燥している箇所のみにに使う部分使いがおすすめです。

乾燥肌のニキビ予防方法

せっかくニキビが治っても再発してしまったら意味がありません。綺麗な状態の肌でいるためにも予防方法も学んでおきましょう。

生活習慣の見直し

基本的な生活習慣を見直すことで大人ニキビができる原因となるホルモンバランスの乱れを防ぐことができ、結果的にニキビ予防になります。社会人の方は難しいかもしれませんが、睡眠時間は最低でも6時間以上取るようにしましょう。眠りの深さも関係してくるので現在使用している寝具が自分に合っていない場合は買い替えも検討してください。

食事に気を使う

外食やコンビニ弁当は脂質が多く含まれているのでできるだけ自炊をするようにしてください。自炊をする際にはニキビ予防になる栄養素、ビタミンB群を含む野菜や果物を積極的に摂取するようにしましょう。

また、アルコールや暴飲暴食は内臓器官に負担をかけてニキビができる原因になります。毎日アルコールを摂取することは避けて、食事も一日三回適切な量を摂るようにしましょう。