混合肌のニキビの治し方

日本人のおよそ7割は混合肌と言われているくらい混合肌の人は多いです。混合肌とひとまとめにしても、人によりその状態は様々です。

混合肌の場合、部分的に乾燥したり皮脂が多かったりしますのでスキンケアをするのがが難しいです。

ニキビができてしまうとニキビケア化粧品を選ぶのが難しいと感じる人も多いのですが、実は混合肌の人は肌トラブルがひどくなりにくい肌質なんです。

では、上手にケアすることで肌トラブルを未然に防いで早く治すことが可能なのです。どのようにお手入れすれば良いのか、ご紹介します。

混合肌とは

おでこや鼻などは皮脂の量が多いのに頬やあごが乾燥してしまうというような状態は混合肌と言われています。

部分により乾燥していたり皮脂が過剰分泌されている混合肌は、ニキビや肌荒れなど起こりやすいという特徴を持ちます。

混合肌でも皮脂の量は人により違いますし、乾燥の度合いも異なりますので皆さんが全く同じ状態とは言えません。混合肌のニキビを治すためには肌の状態に合わせたスキンケアをしていく必要があります。

家でできることとしては毎日のお手入れで皮脂の分泌を調整したり、乾燥を予防して健康な肌に導く事で、肌トラブルが起こりにくくなります。

混合肌のニキビの原因

混合肌になってしまう理由というものがあります。

例えばストレスによるホルモンバランスの乱れ、食生活、飲酒、煙草などです。

肌質は年齢とともに変化していくと言われています。思春期の頃は皮脂の分泌も盛んなので脂性肌だったという人も多いと思いますが、成人してから敏感肌や乾燥肌になってしまったという声もあります。

これは生活習慣の変化などが変わったことやホルモンバランスの変化が原因です。

このような体の中からの原因に加えて外的原因、例えば紫外線や空調などが影響して肌を健康な状態に維持できなくなってしまい、乾燥する部分と皮脂の多い部分ができてしまうのです。

特に季節の変わり目などは肌の状態も変化しやすくなります。普段は健康な肌の状態の人でも季節の変わり目に混合肌になってしまうことも十分あるのです。

年齢ごと、季節ごとに肌のお手入れを見直す必要があるのは、このような事からです。

ニキビが発生していしまう原因は、内的原因と外的原因の両方がありますので、外側からのケアだけでは十分ではないかもしれません。

正しいお手入れに加えて、生活習慣の乱れを改善するなどの内的な面の調整も必要になってくるでしょう。

混合肌のニキビの治し方

Tゾーンと呼ばれる部分は、鼻やおでこなどで皮脂が浮きやすい部分です。そしてUゾーンと呼ばれている部分はあごや頬など皮脂が少なく乾燥しやすい部分です。

混合肌は肌の表面が乾燥している部分と皮脂でおおわれている部分がある状態になります。

お化粧が崩れるとTゾーンはテカテカしたりべたついたりしてきます。逆に乾燥しやすい頬などは粉っぽく見えたりします。混合肌はメイク直しも大変です。

保湿する

肌の表面にはバリア機能というお肌を刺激から守ってくれるものがありますが、この機能が低下していたり、正常な働きをしていないと肌が弱り、刺激に反応してトラブルが起こります。

混合肌のお手入れでは、まずバリア機能を回復させることを行います。

バリア機能の回復に役立つとされている成分がセラミドです。セラミドは肌の中でバリア機能を高めてくれます。

敏感肌向けの化粧品には必ずといって良いほどセラミドが配合されています。

セラミドにはいくつかの種類があり、どんなセラミドを使用しているかによって効果が変わってきます。浸透力のより良いものを使いましょう。

セラミド配合化粧品で保湿をしっかり行うことで、肌のバリア機能を正常化させていきながら普通の肌に戻していきます。肌の機能回復にセラミド化粧品とともに使うと高い効果があるとされているものにヒルロイドがあります。ヒルロイドは傷跡を早く治すのにも使われています。

お肌の水分をしっかりキープしてくれて血行を促進したり炎症を抑える働きもあるので、肌トラブルを改善させやすくしてくれます。皮膚科で処方してもらえるお薬なので、使ってみたい人は皮膚科で相談してみてください。

Tゾーンは皮脂を落とす

Tゾーンは皮脂の分泌量が多いので毛穴の汚れや詰まりをしっかりときれいにしていくケアが必要です。

丁寧なクレンジングや洗顔で毛穴をきれいにしましょう。ただし洗いすぎには注意が必要です。皮脂を取りすぎてしまうとバリア機能が低下してしまいます。また余計に皮脂の分泌が過剰になってしまう可能性もあります。

必要な皮脂を残しながらしっかり毛穴対策のできる洗顔料を使い洗顔後の保湿もしっかり行ってください。

保湿の際は油分を与えすぎないようにしましょう。クリームや乳液など油分が含まれている化粧品を使用する場合は、Tゾーンに塗る量は少量にしてください。

婦人科で治療してもらう

ホルモンバランスの乱れによるニキビの発生は、スキンケアだけでは難しい場合もあります。

ホルモンバランスを調整する治療を行うことでニキビが改善されるケースもありますので、生理前などに特にニキビがひどくなる人は婦人科などでホルモンバランスを見てもらい相談するのも1つの方法です。

混合肌のスキンケア方法

tsu93_shizukuhukyouwaon_tp_v

混合肌は部分的に差し引きしたケアをしていく必要があります。乾燥がひどい部分は化粧水をかさねて使いクリームもプラスして、皮脂の分泌量が多いTゾーンはクリームや乳液を使う量を少なめになるように調整してください。

化粧水だけにしてしまうと、肌は乾燥してしまいますので乳液やクリームを使わないというのではなく、少量におさえるという点を頭に入れておきましょう。

クレンジングはメイクの濃さによって使い分ける

洗浄力の高いクレンジングを毎日使用していたらお肌の皮脂がかなり落とされてしまいます。乾燥がひどくなる可能性もありますので、メイクの濃さでクレンジングを使い分けましょう。

しっかりメイク用とナチュラルメイク用にクレンジングを用意しておくと良いです。

しっかりメイクにはクレンジングジェルが良いです。ナチュラルメイクであればミルクタイプのクレンジングで十分です。最近はミネラルコスメが流行していて、洗顔料で落とせるものも多いです。

ナチュラルメイクであればポイントメイクだけメイク落としを使用して洗顔料で洗うという方法もおすすめです。

しっとり洗顔料は使わない

しっとり系の洗顔料は、肌が乾燥しないので特に乾燥肌の人に人気があります。洗い上がりがつっぱる人はしっとり洗顔料を好みます。しかし、混合肌の人は、洗い上がりしっとりというような洗顔料はおすすめできません。

その理由は、油分が多く含まれているからです。固形石鹸で洗顔するのがおすすめです。固形石鹸は使用されている成分も少ないので肌トラブルも起こりにくいです。

乳液とクリームはつけすぎない

乳液とクリームは多くの油分が配合されているので、つけすぎるとアクネ菌が増殖しやすい肌環境を作ってしまいます。

乳液、クリームをつけすぎると逆にニキビができやすくなってしまうのでこれらの化粧品を使用しない方もいますが、まったくつけないと乾燥が原因のニキビ、肌トラブルにつながります。

クリーム、乳液を使わないというのではなく、頬を中心に使用して肌全体を包むように使用した後は、乾燥が気になる部分に2度塗りする、または頬を中心に使用して残った少量をTゾーンに使うなど部分的に調整した使い方を工夫してみましょう。