マスクはニキビを悪化させるって本当なの?

マスク

マスクはあらゆる場面で活躍しますね。風邪の時はもちろん、花粉の季節には様々な種類のマスクが販売されておりたいへん重宝します。また、ニキビや肌荒れがひどい日にはそれを隠すためにマスクを使用する方も多いことでしょう。

すっぴんを隠すためにもマスクを使用しますね。ですがかえってマスクがニキビを悪化させたり、そもそもマスクを付けることでニキビができてしまったりと悪影響もあるようです。

ではマスクの正しい使用方法を確認してみましょう。

マスクで肌荒れしてしまう原因

マスクには肌荒れを起こさせたり、ニキビを悪化させる原因があります。

摩擦

お肌に当たるマスクには擦れが避けられません。擦れる部分が肌荒れを起こしてしまいます。特に擦れる箇所はゴムひもの辺りです。顔の大きさに合っていないマスクは、マスクの淵の部分が頬に擦れやすいものです。サイズの合わないマスクを付けることはやめた方がよさそうですね。

マスクについている成分

マスクには抗菌剤を含む商品が多いものです。これは、マスクへの菌の侵入を防ぐ目的や装着してからの菌の増殖を防ぐためです。なぜだかパッケージに抗菌マスクと書いていると全てにおいて安心してしまいますね。ですが、マスクの抗菌剤がお肌によいものだとは一概にはいえません。

マスクの抗菌剤が人の体内の免疫を刺激してしまうことがあります。これが肌荒れを引き起こす原因になったり、アレルギーを引き起こすケースもあります。ということから、マスクは極力お肌に触れないように装着しましょう。また、抗菌剤を含まないマスクを選ぶのもよいでしょう。

蒸れ

マスクの中は湿度の高い環境となります。喉の乾燥防止には最適ですが、湿度の高いマスクの中では菌の増殖が起きています。密閉されたマスクの中には自分の呼気が充満しており、体温ほどの温度で菌の増殖には最適な環境といえるのです。これは肌荒れの原因の一つとなってしまいます。蒸れを解消するには、時折マスクを外し換気することが大切です。

ニキビを防ぐためにマスクを着用する際の注意点

マスクが肌荒れやニキビを悪化させる原因とされても、どうしてもマスクの着用が必要な時がありますね。そのような時のためにも注意点を知っておくとよいでしょう。

マスクは常に清潔に保つ

当たり前のことですが、清潔なマスクを使用しましょう。1日使用したマスクはきれいに見えて、細菌が付着しています。細菌は目に見えませんから実感しにくいものですが1日でも使用したマスクはたいへん不潔で確実にニキビの原因となります。毎日交換して使用してくださいね。

また、ガーゼタイプのマスクは毎日洗うことです。洗い替えを用意して洗濯して使用しましょう。

通気性をよくする

マスクの中は常に湿気がこもっています。これは仕方のないことではありますがそのままにせず通気性を良くすることを心掛けましょう。

1日の中でマスクを外す時間が必要です。お肌を空気に触れさせることは皮脂の分泌を抑えることになります。蒸れが防止されアクネ菌の増殖を抑えることにもつながりますから、時々マスクを外すことを忘れないでくださいね。

マスクを使用する際には、ニキビを作らないためお肌に負担を与えないことを意識することがいちばんの対策となります。

マスクはすっぴんで着用しない

すっぴん隠しのためのマスクの使用は、実はおすすめできません。特にニキビのできやすい方は注意が必要です。

マスクを使用するならば、ファンデーションを塗ったお肌の方がマスクの刺激から守られます。ということからすっぴんでのマスクの使用はお肌に負担だらけということです。

マスクからの刺激とは、生地の刺激や抗菌剤の刺激です。ファンデーションを塗ることでそれらの刺激を和らげることができます。

マスクをする際もスキンケア

通勤、通学、仕事中や学校で1日中マスクを使用している方は、自宅ではマスクを外しお肌を解放してあげましょう。

マスクを使用していたお肌は、蒸れから通常よりの汗や皮脂が排出されています。まず優しく洗顔しましょう。ニキビ肌用の洗顔料はやはりニキビを考えて作られた成分ですからたいへん有効です。優しく泡立ててお顔を包み込んで洗いましょう。洗い残しがないようきちんとぬるま湯で洗い流すことです。

ニキビにはお肌の乾燥が大敵となります。というのも乾燥したお肌は大切な肌バリア機能を低下させてしまうのです。健康なお肌を保とうとする機能が低下するということはニキビの改善が促されませんから洗顔後は必ず保湿しましょう。

ニキビを作らないマスクの選び方

ニキビを作らない、悪化させないためにはどのようなマスクが最適なのでしょう。

刺激の少ないマスクを選ぶ

マスクには、2タイプあります。不織布タイプとガーゼタイプですが、お肌への刺激という点を考えるとガーゼタイプがおすすめです。

ですが、ガーゼタイプのマスクは不織布マスクに比べると金額的に高いことがデメリットです。そのうえ、毎日洗濯しなくてはいけないというところにも不便さが否めません。これらのことが負担ではない方はガーゼタイプのマスクを選びましょう。

低価格な不織布マスクを選ぶ場合は、お肌への負担が少ないものを選びます。不織布マスク界ではメジャーリーガーというメーカーが有名なのですが、こちらのマスクは米国の厳しい基準をクリアのうえ、ISO規格に基づいた皮膚刺激性テストをゼロというすばらしい結果を出していますからニキビに悩む方にはおすすめのマスクです。メジャーリーガーの不織布マスクは医療用に使用されることが多く、種類も様々ありますのでぜひともチェックしてみてください。

サイズや形をチェック

マスクにはサイズがあります。子供用、女性用、男性用、小さめ、大きめなど様々です。好みもあり小さめが好きだという方もいるでしょう。ですが、小さめのマスクを使用するとお肌へ触れる面が多くなるため、肌負担が大きいものとなります。お肌に当たらないサイズを選びましょう。

マスクがお肌に当たらないことを考えると立体型マスクが最適といえます。ニキビ、肌荒れを考慮するならばマスクの形は立体型です。

ニキビを予防するための正しいマスクの着用方法

マスクの付け方次第でニキビは悪化してしまいます。マスクは正しく付けましょう。

マスクの裏表・上下を確認する

マスクの上下は、ノーズワイヤーのある方が上となります。装着する前に鼻の曲線に沿って軽く折り曲げます。

マスクの裏表は、表のプリーツが下向きになることで確認できます。プリーツが上向きでポケット状になることはホコリや花粉を受け止めて溜めてしまうこととなりますから間違わないように使用しましょう。

マスクのゴムひもは接着面が表になることがほとんどですが、メーカーによって違うことがありますので気をつけましょう。

しっかりフィット&カバーさせる

マスクを付けたらノーズワイヤーを鼻に合わせて調節します。ぴったりと鼻の曲線に合わせましょう。

次は、プリーツを広げます。この時、顎までをすっぽりと覆うことです。隙間を作らないように装着してください。

マスクを使用している方を見ると時々マスクから鼻を出している方がいますね。息苦しさから少しだけそうしているのかもしれませんが、もしそうであればマスクを外して深呼吸する方がいいですね。マスクの淵が鼻の下に当たることは、お肌に刺激となりニキビの原因となってしまいます。それ以前にマスクの効果は不十分となりますね。

まとめ

マスクを使用すること自体はニキビ予防や改善にはなりませんので、それを目的にマスクを使用することはやめましょう。それでも風邪を引いてしまった時や花粉予防、ニキビ肌を隠したいというような、どうしてもマスクが必要な時は、お肌に負担をかけない正しい使い方をしましょう。摩擦や、蒸れ、清潔、サイズに気を配り1日中装着したままでいないことです。