1日でニキビを完全に治す驚きの方法

一日

ニキビができては困ってしまう大切な日。

なのにニキビができてしまった!明日までにどうしてもニキビを治したい!

そう思ってもニキビは簡単に治らないものですよね。1日でニキビを治す方法はないのでしょうか?

ニキビに悩むそんなあなたのために1日でニキビを治す方法をご紹介しましょう。

明日が大切な日であれば一刻も早くケアにかかりましょうね。

その際はニキビの種類によってケアしない方がよいものもありますので十分注意してくださいね。

一瞬で目立たなくさせる方法

全てのニキビに方法があるかというとそうではなく、炎症の起きている赤ニキビなどは触ってはいけません。

変にいじって炎症をひどくし、ニキビ跡が残るようなケアをしてしまっては大変です。

ニキビは侮ってはいけません。

ニキビは皮膚疾患ですので、本来であればニキビ専用の治療薬で治していくのが基本です。

これはニキビ治療の基本だと理解してくださいね。

赤ニキビのように炎症が起きているニキビはまず炎症を抑えてあげることです。

そのあとから毛穴詰まりを解消してあげることを考えます。

コメドプッシャーでニキビの芯を取ってしまう

ニキビのでき始めは白ニキビとよばれますね。

これはまだ炎症が起きていないニキビです。

白ニキビの中には皮脂が詰まっていますから、コメドプッシャーを使ってニキビの芯を取ってしまうことで早くニキビが治せます。

これは赤ニキビや黄ニキビの中の膿を潰し出すということをいっているわけではありませんので注意してくださいね。

絶対に赤ニキビや黄ニキビを潰してはいけません。

白ニキビに限っては、お肌を清潔にしてから芯を取り出すことが有効です。

白ニキビの芯を取り出すためにコメドプッシャーというアイテムがドラッグストアなどで購入できます。

優しく芯を取り出したあとは、キズパワーパッドを貼って自己治癒力で治していきます。

皮膚科で治療

当たり前ではありますが、ニキビは市販薬よりも皮膚科を受診してもらえるお薬の方が早く治ります。

ニキビにも種類がありますから、状態を診てもらってそれにあった治療薬で治療するのはセルフケアよりも的確ですね。

膿んでいるような炎症しているニキビには抗生物質が処方されます。

外からだけではなく飲み薬によって中からもケアできれば早く治ることが期待できるでしょう。

テラリコールを使う

テラリコールとは、抗生物質であるオキシテトラサイクリン塩酸塩とステロイドであるヒドロコルチゾンが配合された黄色い軟膏です。

軟膏特有の臭いもなく、使い心地のよい軟膏です。

テラリコールの成分は、皮膚科で処方されるお薬にも配合されている成分ですのでニキビ治療には有効です。

抗生物質であるオキシテトラサイクリン塩酸塩がアクネ菌を殺菌でき、ステロイドであるヒドロコルチゾンが炎症を沈めます。

テラリコール軟膏は、ニキビ治療において即効性がありますが、お肌の弱い方には強すぎる可能性がありますので注意しましょう。
ですが、1日でニキビを治す方法としてはたいへん有効な手段とされます。

全てのニキビをキズパワーパッドで覆った後にマスク

ニキビにキズパワーパッドを貼った際、場合によってはマスクで隠すことも必要になりますね。

マスクの摩擦や蒸れはニキビを悪化させますので、ニキビ肌に直にマスクを装着することはおすすめしません。

また、脂っぽいお肌だと感じている方はマスクの装着はしない方が無難です。

どうしてもマスクを付けなくてはいけない時は、立体型の使い捨てマスクを短時間使用してください。

オロナインパックをする

ニキビにオロナインパックという方法はよく目にしますね。

実践している方の情報を調べてみると、オロナインには毛穴を開く効果があるそうで、そのためお薬がニキビの元まで届きやすいといわれています。

これには個人差があると思われますが、試す価値はあるかもしれません。

  • まず洗顔
  • ニキビのある部分以外を化粧水でスキンケア
  • たっぷりのオロナインを綿棒に取りニキビを覆う

この状態で就寝すると、朝にはニキビの炎症が収まるということです。

オロナインで寝具が汚れないよう注意しましょう。

コンシーラで隠す

ニキビのでき始めである白ニキビくらいであれば、コンシーラを塗って隠すことができますね。

この場合は、治療ではなく一時しのぎということになります。

コンシーラは毛穴を詰まらせニキビを悪化させることにもつながりますから、厚く塗らないようにしましょう。

ポイントは、自分のお肌よりもワントーン暗い色のコンシーラを選ぶことです。
そのあとはパウダーファンデーションで仕上げるときれいに仕上がります。

クリームファンデーションやリキッドファンデーションは油分が多くニキビ肌にはおすすめできません。
皮脂が原因でできているニキビに余計な油分は悪化のもとですから、早めにメイク落とししてくださいね。

ニキビを治すための習慣

できるだけ触らない

ニキビが気になって触ってしまうことはよくありがちなことです。

ですが、ニキビを触ることは悪化の原因となります。
手には雑菌が付いているものですから、そんな手でニキビに触れることは刺激となり悪化させてしまいます。

ニキビに絆創膏を貼って無意識に触る手から守ることも一つの方法となります。
どうしてもニキビを触ってしまう方にはおすすめです。

ビタミンCの摂取

ビタミンCは、ニキビ治療には必要な栄養素です。

ビタミンCには、皮脂の分泌を抑える働きがありますので皮脂の毛穴詰まりが抑えられニキビを治すことにつながります。

そのほか、炎症を抑制しコラーゲンの生成にも働きかけてくれますのでニキビ治療には有効とされます。

ビタミンCを多く含む飲み物をご紹介しましょう。

飲み物でビタミンCが摂取できるならばたいへん便利ですよね。

アセロラ

アセロラ飲料は手軽に購入できますね。

ビタミンCの量はレモンよりも豊富です。

緑茶

湯飲み一杯にビタミンC約6mgと、実は緑茶はビタミンCが豊富な飲み物なんです。

飲み物を選ぶ際には、ビタミンCを意識してみるのがいいですね。

睡眠時間の確保

ニキビ治療には、効果のある軟膏を塗ったりビタミンCの摂取を心がけていても睡眠不足であれば意味を果たしません。

睡眠はお肌の再生に最も効果のあるアプローチです。

お肌の再生においてゴールデンタイムといわれるのは、22時から深夜2時までです。

この時間帯に熟睡できていることがニキビ治療には欠かせません。

夜遅くまで起きている毎日ですと治るものも治りませんよ。

睡眠時間の調節をするように心がけましょう。

結論!1日で完全に治すことは難しい

炎症を起こしている赤ニキビや膿んだ黄ニキビは、1日でニキビを治す方法はないといっていいでしょう。

そこまでになったニキビは、残念ながらセルフケアでは太刀打ちできません。

一刻も早く皮膚科の受診をおすすめします。

炎症したニキビは放っておくと真皮にまでダメージが及び、色素沈着やクレーター状のニキビ跡になってしまいます。

こうなっては取り返しがつきません。

ニキビができているお肌は、普通のお肌よりも弱っており健康な状態ではありません。

洗顔や化粧品でのスキンケアを適当に済ませていてはニキビはいっこうに改善しないでしょう。

ニキビ肌にはそれに特化したスキンケア用品を選ぶことです。

ニキビができるようないわば弱ったお肌は、敏感肌になっています。

ニキビに対する有効成分は、ビタミンC誘導体、ヒアルロン酸、サリチル酸などがあげられますが、それらの成分の配合とともに、防腐剤や香料、合成着色料などの添加物を含んでいない無添加のものや

低刺激のものをおすすめします。

そこでおすすめできるのが富士フィルムさんから販売されている「ルナメアAC」シリーズです。

自分のお肌に合うかどうか不安な方は、1週間のトライアルセットからお試しできます。

低価格でお試しできますのでいちど試してみるのはいかがでしょうか。

「ルナメアAC」についての詳細は公式サイトを覗いてみてくださいね。