胃腸の不調で大人ニキビができるって本当?胃腸と肌荒れの関係まとめ

胃腸の調子が悪いと、頑張ってスキンケアをしていても吹き出物が同じ場所に繰り返しできてしまいます。吹き出物をなくし健康な肌を保つためにはスキンケアだけではなく、胃腸の調子をしっかり整えることが大切です。

そこで今回は、胃腸の不調が原因で吹き出物ができてしまう理由や吹き出物ができる場所、そして吹き出物ができないために胃腸の調子を整える方法を紹介します。

胃腸の不調で吹き出物ができる原因

1.消化不良による栄養不足

消化不良になると下痢を併発する場合が多く、その結果栄養素の吸収率の低下が起こります。

吸収率の低下が起こると肌の健康を維持するために必要なビタミンやミネラルをはじめとする様々な栄養素の吸収が阻害され、栄養不足の状態に陥ってしまいます。

その結果、新陳代謝が悪くなって肌のターンオーバーに乱れが起こり、吹き出物ができたり吹き出物の跡の治癒が遅くなったりしてしまうのです。

2.便秘

ニキビの原因の便秘これはご存知の方も多いでしょうが、便秘も吹き出物の原因になります。便秘とは大腸内に便が溜まり、排出すべき老廃物が滞っている状態です。

これが続くと腸内で毒素が発生し、その毒素が大腸から吸収され血中に溶け込み汗や皮脂などとともに毛穴から排出されます。

肌は余分な汚れや水分を排出するため働いていますが、そこに血管を通じて入り込んだ毒素が加わると排出が追いつかなくなってしまい、肌荒れや吹き出物の原因になるのです。

3.栄養の吸収率の低下

胃腸の不調は消化機能の低下を引き起こし、栄養の吸収率の低下の原因となります。

充分な栄養を摂取しているつもりでも、吸収率が低下している状態では栄養不足となり、栄養が肌まで行き届かなくなります。

各種ビタミンの不足は皮脂の過剰分泌やターンオーバーの乱れを惹き起こしますので、栄養不足もまた吹き出物の原因となるのです。

消化機能の低下以外に栄養の吸収率が低下する原因としては、腸内環境の乱れや胃酸の過剰分泌、消化液不足、胃腸の大きさなどが挙げられます。

4.老廃物や毒素の蓄積

睡眠不足やストレスのために内臓機能が低下すると、老廃物や毒素が身体の内側に蓄積しやすくなります。

蓄積した老廃物や毒素は、余分な熱がこもりやすい上半身に化膿性疾患として現れます。これが顔や背中、胸などにできる吹き出物なのです。

5.自律神経の乱れによる免疫力の低下

胃腸は自律神経とも密接に関連しているため、胃腸の不調は自律神経の乱れの原因となります。

自律神経には交感神経と副交感神経の2つの種類があり、この2つがうまくバランスよく作用することによって免疫機能を維持しています。

ストレスや食生活の乱れ、睡眠不足などの原因によって自律神経のバランスが乱れると、免疫機能が低下してしまいます。

免疫機能が低下すると様々な症状が現れますが、吹き出物ができるのもそのひとつです。また免疫機能が低下すると炎症を起こしやすくなり、吹き出物が悪化しやすくなります。

6.体内環境の悪化による体内でのビタミン生成量の減少

ビタミン生成量の減少生命維持に欠かせないいくつかのビタミンは、腸内で生成されています。腸内環境が整っている状態では細菌バランスも良くビタミンが活発に生成されます。

しかし便秘や下痢などが原因となり腸内環境が悪化すると、細菌が減少してビタミンの生成量も減少してしまいます。

ビタミンの量は吹き出物に限らず肌トラブル全般や美容と密接に関係しているので、腸内環境を整えることは非常に大切です。

スキンケアや食べ物に気を付けていても吹き出物が治らない場合は、腸内環境の悪化を疑ってみる必要があります。

胃腸の不調が原因で吹き出物ができる場所

胃腸の不調が原因の吹き出物には、できる場所に特徴があります。したがって吹き出物ができる場所から胃腸の不調を推測することができます。

1.口周り、唇

アルコールや糖質、脂質の多量摂取や、暴飲暴食、不規則な食生活などにより胃に負担がかかると、胃の働きが低下し口周りや唇の吹き出物の原因となります。

2.おでこ、生え際

おでこや生え際は皮脂の分泌量が多く吹き出物ができやすい場所ですが、胃腸の調子が悪くてできる場合もあります。

胃腸の不調は肌トラブルとして現れやすく、消化機能が弱っていると吹き出物ができやすい場所に繰り返しトラブルを起こすのです。

3.鼻周り

大腸が弱っていると、鼻周りに吹き出物ができやすいと言われています。大腸の不調の原因としては食物繊維不足や暴飲暴食が挙げられます。

胃腸の不調による吹き出物の治し方

食事による改善

腸内環境を整える食べ物

ヨーグルト腸内環境が整い善玉菌が優位になると、肌トラブルを始めとする様々な症状の改善が望めます。

腸内環境の改善に有効な食べ物としては、善玉菌を多く含む発酵食品が挙げられます。その代表的なものがヨーグルトです。

中でもLG21乳酸菌やガゼリ菌SP株などのプロバイオティクスを含んだものは腸内環境改善効果が高いと言われています。

ヨーグルトの他には納豆やチーズ、キムチ、味噌、漬け物なども発酵食品ですので積極的に摂取することをおすすめします。また日本酒やワインも同じく発酵食品ですので、お酒を飲むならこの2種類がおすすめです。

消化に良い食べ物

胃腸の不調による吹き出物を改善するためには、胃腸に負担をかけないよう消化の良い食べ物を選ぶことも大切です。

炭水化物ならおかゆやうどん、雑炊や煮麺などをチョイスすると胃腸に負担をかけにくくなります。卵や豆腐なども消化の良い食べ物として挙げられます。

野菜ならほうれん草やキャベツ、長芋など、肉や魚であれば白身魚や鶏のささみなどがおすすめです。

また胃腸が冷えると働きが鈍くなりますので、水は冷水ではなく白湯にするなど温かい飲み物を飲むようにすると良いでしょう。

揚げ物や刺激物など胃腸に負担をかける食事は極力避けるようにし、胃腸に優しい食べ物を積極的に取るようにしましょう。

食べ方に気を付ける

胃腸の不調を改善するためには、暴飲暴食をしないことが大原則です。また暴飲暴食まではいかずとも、いつもお腹いっぱいになるまで食べてしまうというのもよくありません。胃腸のためには「腹八分目」を意識した食習慣を身につけるのがベストです。

また胃への負担を軽減し吸収を良くするため、食事の際は1口ごとに30回以上咀嚼するよう意識するのがおすすめです。

胃腸の不調を改善するためには、摂取する食品自体も重要ですが、食べ方も同じくらい大切です。

冷たいものはNG

冷たいものを摂取すると胃腸は急速に吸収しようとするため、胃に大きな負担がかかります。

また冷たいものを大量に摂取すると胃腸が冷やされることにより胃腸の活動が低下し消化不良となり、肌荒れや吹き出物の原因となる場合があります。

さらに冷たいものの摂り過ぎで血液の循環が悪くなると、吹き出物ができる原因になることも考えられます。

食事をする時間に気を付ける

食事の時間帯就寝の直前に食事を摂ることは胃腸に負担をかけるだけでなく、胃酸の逆流により食道にも悪影響を与えますので絶対に避けましょう。

食後は胃腸の働きが活発になるので、激しい運動や入浴は避け、最低でも食後2~3時間は起きているようにしてください。

サプリで腸内環境を改善

仕事が忙しいなどの理由で、腸内環境を改善するための健康的な食事や正しい生活習慣の実践が難しいという方も中にはいると思います。

そういう方には、食物繊維やビフィズス菌などの腸内環境を整える成分をサプリで摂取することをおすすめします。腸内環境の改善に定評のあるサプリメントをいくつか紹介します。

きらりのおめぐ実

きらりのおめぐ実「きらりのおめぐ実」に含まれているビフィズス菌などの成分が、善玉菌を増やすことによって腸内環境の乱れを改善してくれます。

さらに吹き出物の発生や炎症を引き起こす活性酸素を抑える働きのあるクロセチンやポリフェノールも配合されています。またビタミンE、C、B2、B6が肌質を改善してくれます。

きらりのおめぐ実の効果はどう?評判から徹底検証

2017.04.06

TURURI;BB

繰り返し発症する吹き出物に効果的と言われているサプリメントです。自然由来の成分を中心に作られているので安心して使用することができます。

体の内側から正常な環境を整え肌荒れを改善するため、様々な天然美容成分を使用して作られています。

ポリフェノールを多く含むアサイー、ビタミンやミネラル豊富なマキベリー、女性ホルモンのバランスを整えるザクロエキス、体内の循環を促進するハトムギ、高い保湿力のあるコラーゲンやヒアルロン酸など、美容成分が潤沢に配合されています。

さらにビタミンC含有量世界一を誇るカムカムという美容成分も配合されています。

また体内にもともと存在する菌であるEC-12という乳酸菌が1gあたり5兆個も含まれています。

その他12種類のビタミン、クロレラ、生酵素など美肌に必要な栄養素がたっぷり配合されたサプリメントです。

緑の知恵

緑の知恵「製薬会社の研究」により「自然由来の成分」で作られたサプリメントなので、身体の内側からの変化を実感できます。

酸やアルカリに強く腸まできちんと届く植物性の乳酸菌が1粒あたり20億個も配合されています。

ストレスや不規則な生活、乾燥、メイクによる肌の疲れなど様々な原因で繰り返す吹き出物は、外側からのケアだけで改善することは難しいです。

「緑の知恵」は製薬会社の研究で生まれたサプリメントなので内側からのケアにとても効果的です。

さらに使用されているのは免疫機構のバランスを整えるしそ葉エキス、天然ポリフェノールたっぷりのキウイ種子エキス、アスパラギン酸やビタミン類など様々な栄養素が豊富に含まれるアスパラガス、高い保水力を持つ米セラミドなど自然由来の成分から抽出した安心、安全なものばかりです。

食事から摂取しにくいビタミン類も1日推奨摂取量配合されているのも嬉しい点のひとつです。

緑の知恵の効果は?成分と口コミから徹底解析!

2017.04.13

アルコールを飲み過ぎない

ニキビの原因となるアルコールアルコールの飲み過ぎで胃が痛くなるのは、胃炎を起こしてしまっているからです。つまり、アルコールの飲み過ぎは胃に大きな負担をかけているということです。

またアルコールを飲み過ぎると、アルコールを分解するために体内のビタミンが大量に失われてしまいます。その結果、肌のターンオーバーが乱れてしまい、肌荒れや吹き出物の原因となります。アルコールの摂取は適量に止めるようにしましょう。

タバコをやめる

ニキビの原因のタバコタバコに含まれる有害物質は胃を刺激して消化機能を低下させるだけでなく、胃炎の原因にもなります。

さらにビタミンCを大量に消費し、活性酸素を大量に発生させ老化を促進させるなど悪い影響が多く挙げられます。5年後、10年後の健康と美容のためにも、喫煙をされている方は今すぐやめましょう。

ストレスを溜めない

ストレスは自律神経を乱す要因となり、延いては吹き出物の原因にもなります。

趣味の時間を持つ、マッサージをするなど自分なりの方法で発散するよう心がけましょう。

胃下垂を治す

体の調子も悪くないのに口周りなどに吹き出物ができる場合は、胃下垂で消化不良を起こしている可能性があります。

胃下垂は腹筋や背筋などを鍛えることで改善することが判明しています。腹筋と背筋のトレーニングを一定数続けてみると吹き出物にも変化がみられるかもしれません。

スキンケア用品で外側から治す

今回は内側から調子を整えることが重要だということを解説してきましたが、外側からのアプローチもやはり大切です。そんな外側からのケアに効果を発揮してくれそうなおすすめのスキンケア用品をひとつ紹介します。

ラミューテ

ラミューテ化粧品ローズの天然潤い成分とナノ保湿成分(ナノヒアルロン酸、ナノコラーゲン)が肌に刺激を与えることなく、潤いを浸透させ保湿してくれます。

またダマスクスローズの香りが女性ホルモンに働きかける効果も期待できます。アルコールやパラベン、鉱物油、石油系合成界面活性剤無添加で刺激が少ないので安心して使えることも評価が高い理由のひとつ。

乾燥肌の方には特に効果を実感する方が多いようなのでおすすめです。

口コミで人気のラミューテの効果を辛口評価

2017.02.01

まとめ

腸内環境と肌荒れ、吹き出物は密接に関係しています。内側から改善していくのにはある程度の時間がかかりますので、すぐに効果を実感できず挫折しそうになるかもしれません。

ですが、内側からきれいになり健康な肌を手に入れれば美肌を維持することができます。地道な努力で本当の美肌を目指しましょう。