日焼け止めはニキビがあっても大丈夫?5つのポイントを押さえよう!

ニキビ肌を紫外線にさらしておくとむしろニキビは増える?でも日焼け止めでニキビがもっと増えるかも。

大切なのは肌をいたわりつつ紫外線対策できる刺激の少ない日焼け止めを選ぶことです。上手な日焼け止めの選び方をご紹介します。

ニキビ肌なら特に日焼け対策を

一年通して降り注いでいる紫外線が私たちの肌にあたると、シミやしわ、そばかすなどの肌トラブルの原因になります。紫外線対策には日焼け止めが一般的ですが、ニキビができていると余計悪化させそうで使用をためらってしまうかもしれません。

でもキレイなお肌を保ちたいなら日焼け対策は必須です!今回はニキビ肌に使える日焼け止めについてご紹介します。

ニキビ肌に日焼け止めはつけていい?

結論から言うと「日焼け止めはつけるべき」です。日焼け止めは多くの油が含まれているため、ニキビの原因になる場合もあるのは事実ですが、日焼け止めを塗らずにニキビを紫外線にさらしている方が被害は大きくなります。むしろニキビ肌に優しい日焼け止めを選びながら、ニキビを悪化させないように紫外線対策する方がいいでしょう。

紫外線はニキビを増やす

意外かもしれませんが、紫外線が肌にもたらす害はシミやしわ、そばかすやたるみだけではありません。ニキビにも大きな悪影響をもたらします。

毛穴を詰まらせてしまう

日焼け止めの塗られていない肌に紫外線があたると、肌を守ろうと肌が固く厚くなります。この状態が長く続くと毛穴がふさがれ老廃物が外に出られなくなります。当然そうなるとニキビが増えてきます。

肌バリアが弱まり炎症が起こりやすい

紫外線は肌を乾燥させ外的ダメージからのバリアが弱まります。ニキビが増えた肌はまさにこのような弱い状態です。この状態でさらに紫外線があたると、細菌が発生しやすくなったり、炎症が起こりやすくなります。これがさらにニキビを悪化させる悪循環です。紫外線はニキビを作り、さらにニキビを悪化させ、修復機能を弱めさせてしまいます。

活性酸素が増えニキビの炎症を悪化させる

また紫外線が活性酸素を増やし、毛穴の脂を酸化させてしまいます。その結果ニキビの炎症がさらにひどくなってしまいます。

ニキビ跡が残りやすくなる

もう一つ困るのが紫外線によりメラニン色素が活発になり、肌の色素沈着を起してしまいます。するとニキビ跡がキレイに治らず、跡に残ってしまうかもしれません。このような理由から、肌トラブルがある場合でも紫外線対策は絶対に行うべきです。

ニキビ肌に選びたい日焼け止めは?

どんな日焼けでもいいというわけではありません。肌に合わせて刺激の少ない優しいものを選びましょう。また自分のこれからスケジュールを想像し、お出かけ先や外出時間などに合わせたものを選ぶのも賢明です。

SPFの高すぎないもの

何でもかんでも効果が高いものが良いと思いがちですが、必ずしもそれほどの効果が必要とも限りません。毎日室内でオフィスワークしかしないのであれば、海水浴に行くときに必要な効果の高い日焼け止めは必要ありませんよね。効果が高いということはその分肌に負担がかかり、刺激も強いということを覚えておきましょう。

そもそもこのSPFとは何ですか?SPF1を一単位とし、「20分間紫外線がカットできる」という意味です。SPF50というものがCMでも多く取り上げられていますが、20×50で合計約1000分紫外線がカットできる商品ということになります。

山登りやキャンプ、海に行く場合は必要かもしれませんが、一日中外にいる事がないのであれば、16時間以上紫外線をカットするほどの高い効果のものを毎日塗る必要はありません。普段使いならSPF20~30で十分です。もし汗で落ちてきたと感じるなら頻繁に塗り直し日焼けを防ぎましょう。

外出の日用と室内でお仕事の日用の2種類用意し、スケジュールに合わせて使い分けるのが良いでしょう。

PA+が高すぎないもの

PA+とかPA++とか日やけ止めに書いてありますよね。これもどうしてもすごそうなものを雰囲気で選んで買ってしまいがちです。PAのAは紫外線A波のことで、UVAをカットする効果を表す単位です。肌の奥まで浸透しまうUVAをカットすることは大切ですが、効果が非常に高い++++はその分肌ストレスも大きいです。

紫外線対策と肌のケアの両方をバランスよくするために普段使いは++、一日中アウトドアを楽しむ日は+++というようにスケジュールに合わせた使い分けをしましょう。

紫外線散乱剤を使用しているもの

ノンケミカルのものを選ぶことも大切です。特に紫外線吸収剤が含まれている化学薬品は皮膚障害を起こす成分としても指定されているほど、肌への刺激が強いものが多いので避けた方がいいでしょう。むしろ紫外線を肌で跳ね返してくれる「紫外線散乱剤」を用いたものを選ぶようにします。

お湯で落とせるくらい肌に優しいもの

SPFやPAが強いもの、またウォータープルーフのもの、シリコン配合のものは強力なので専用のリムーバーを使わないとなかなか取れないものも多いですね。クレンジング剤は肌に大きな負担をあたえ、ニキビを増やしてしまいます。お湯で落とせることをアピールポイントとした肌に優しい日焼け止めを選びましょう。

低刺激のもの

毛穴をふさぎニキビを増やしてしまうオイルがたくさん含まれているものや、肌に刺激を与える添加物が入っているものも避けたいところです。ノンオイル、ノンシリコン、無香料、無着色のものを意識的に選ぶようにするのがいいでしょう。

上手な日焼け止め選びで肌ケアを

日焼け止めすべてがニキビに悪いという印象を持っておられる方がおられますが、そういうわけではありません。むしろそのまま紫外線に肌をさらしておく方が危険です。大切なのは肌をいたわりながら紫外線対策できる日焼け止めを選ぶことです!正しい知識を取り入れて自分にピッタリの日焼け止めを見つけて下さいね。