ニキビの種類ごとの治し方

ニキビはできてからの状態でその呼び方が変わります。一般的に白ニキビ、黒ニキビ、赤ニキビ、黄ニキビの4種類があり、右に行けば行くほど症状が悪化していきます。

できるだけ早い状態で正しいケアを行えば跡が残りにくく簡単に治すことができます。

ニキビの種類

白ニキビはニキビができる前の毛穴に皮脂が詰まりつつある状態のニキビのことを指します。

まだアクネ菌による炎症は起こっていませんが、このまま放置してしまうと跡が残りやすく治りにくくなってしまいます。白っぽい粒のように見えるので白ニキビと呼ばれています。

黒ニキビは毛穴に詰まった皮脂が表皮を破り外にはみ出て酸化しまっている状態のニキビのことを指します。コメドと呼ばれることもあり、白ニキビの段階では目視しづらいですが黒ニキビになると肉眼でもはっきりと認識することができます。

はみ出て参加した皮脂が黒っぽく見えるので黒ニキビと呼ばれています。

赤ニキビは黒ニキビを放置したことが原因でアクネ菌による炎症が起こっている状態のニキビのことを指します。

正式名称は赤色丘疹で爪でつぶしたり放置したりすると跡が残る可能性がある厄介なニキビです。

皮膚が炎症を起こして赤っぽく見えるので赤ニキビと呼ばれています。

黄ニキビは赤ニキビが悪化し、膿が出てしまった状態のニキビのことを指します。ここまで悪化してしまうと自宅でのケアだけで治すのが厳しくなってきます。

可能ならば皮膚科への通院と並行して洗顔や保湿をするようにしましょう。

ニキビの内部の膿が黄色に見えるので黄ニキビと呼ばれています。

紫ニキビは黄ニキビがさらに悪化して膿と血が混ざり紫色に見えるニキビのことを指します。

単にニキビを放置していても紫ニキビまで悪化してしまうことはあまりありませんが、紫ニキビができてしまった場合は皮膚科で治療してもらってもニキビ跡が残る可能性が高いです。