黒ニキビの治し方と原因

白ニキビを放っておくとできてしまうのが黒ニキビです。鼻周りにできやすく、色が黒いので目立ちやすいのが特徴です。これ以上悪化すると治りにくく跡も残りやすくなってしまうのでできるだけ早くケアしてあげましょう。

黒ニキビとは

黒ニキビとはコメド(角栓)毛穴に詰まった状態、白ニキビになった後皮脂分泌進み面皰の内側に角化物質、脂肪酸、アクネ菌などが空気に触れて充満酸化した状態のニキビを指します。白ニキビは毛穴が詰まっているので別名閉鎖面ぽうと呼ばれていますが、黒ニキビは毛穴が開いているので別名開鎖面ぽうと呼ばれています。

特に鼻周りにできやすく、黒ニキビがたくさんできた鼻はイチゴのように見えるのでイチゴ鼻とも呼ばれることもあります。

この状態ではまだアクネ菌による炎症は起きていないので、比較的治りやすい状態のニキビだと言えます。しかし、何もケアしないで放置していると赤く炎症を起こした状態の赤ニキビ、黄ニキビになります。赤ニキビ黄ニキビになってしまうと治りにくく跡も残りやすくなってしまうので悪化する前にしっかりとケアしましょう。

黒ニキビの原因

黒ニキビの原因となるのは余分な皮脂や毛穴の汚れが洗われずに肌に放置されたことによる毛穴の詰まりです。

通常の皮脂分泌量であればニキビはできにくいのですが、不規則な生活やストレスによるホルモンバランスの乱れで皮脂が過剰分泌されると毛穴が詰まり黒ニキビができやすくなってしまうんです。

また、意外と知られていませんが女性に多い便秘は有害物質が体外に排出されず、血液にそのまま吸収されてしまうので黒ニキビの原因となることもあります。

外部からの刺激も黒ニキビの原因となるので、もしニキビができてしまってもできるだけ触らないようにしましょう。

黒ニキビの治し方・ケア方法

黒ニキビを治すためには肌が黒ずんでいる原因となっている角栓を除去する必要があります。角栓を除去する主な方法は家で出来るケア方法としては「洗顔・保湿」「毛穴パック」、皮膚科で治療してもらう場合は「面皰圧出」「ケミカルピーリング」などのケア方法があります。

家でのケアを怠っていると皮膚科で治療してもらっても再発してしまう可能性が高くなるので、自分の肌に合った化粧品での洗顔を続けるようにしてください。

洗顔・保湿

一番気楽にできてお金をかけずに黒ニキビを治せる方法です。黒ニキビがひどい場合は一度皮膚科で治療してもらった後洗顔を続ける必要がありますが、軽い黒ニキビの場合は洗顔料を変えただけで治ったというケースもあります。

洗顔料や乳液などの化粧品を使っているのに黒ニキビができてしまったという方は現在の化粧品が自分の肌に合っていない可能性があります。自分の肌のタイプ(乾燥肌、オイリー肌、混合肌)を把握し、自分の肌に合った化粧品を使うようにしてください。

また、洗顔料は使っても化粧水などの保湿用の化粧品は使わないという方が男性に多くみられます。特に大人ニキビは乾燥が原因となっている場合もあるので、たとえ男性であっても化粧水・乳液、場合によってはクリームまで使うようにしましょう。

洗顔料・化粧水だけではなく洗顔方法も大切です。洗い残しはニキビができる原因になるので、あごやフェイスラインまでしっかり洗い流し、洗顔回数も皮脂を落としすぎないようにするために一日に何回も洗顔するのではなく、朝夜2回に抑えてください。

黒ニキビを治すのに効果がある化粧品については大人ニキビ化粧品ランキングを参考にしてください。

毛穴パック

黒ニキビの原因になっている汚れや角栓を無理やり引き抜いてしまう方法です。強い刺激を与え、肌に負担がかかるので一見治ったように見えて余計にニキビがひどくなってしまうこともあり、あまりおすすめはできません。

どうしても毛穴パックを使いたいのであれば正しい使い方を知ってから使うようにしてください。

面皰圧出

面皰圧出とは皮膚科で行われる面皰圧出器と呼ばれる器具を使ってニキビを潰して中に詰まっている皮脂や古い角質を押し出す治療方法のことです。ニキビをつぶすというと自宅で自分でもできるように思えるかもしれませんが、爪などでニキビを潰すと雑菌が入り込みニキビを余計に悪化させてしまう可能性があります。

人によって効果があったりなかったりする治療法で、こめかみや鼻の周りのニキビをつぶす際にはかなりの痛みを伴います。

面皰圧出は保険がきくので安く治療を受けることができます。自分で潰すのだけはやめておきましょう。

生活習慣の改善

ホルモンバランスが乱れる原因となる生活習慣を改善することで一度治ったニキビを再発しにくくすることができます。具体的に言うと睡眠時間の確保・ストレスをため込まない・暴飲暴食をしない・ビタミンB群を摂取するなどです。

糖分の過剰摂取やコンビニ弁当・レトルト食品はニキビケアの敵なのでできるだけ避けるようにしましょう。