ニキビを皮膚科で治す

白衣を着た皮膚科の医者

出来てしまったニキビには、皮膚科での治療も選択肢としてあります。軽度のものはスキンケアで改善することもありますが、炎症したニキビが顔中にできてしまった場合、放置すると痕が残ってしまうことがありますので、炎症を起こしたニキビがたくさんできてしまったときは皮膚科を受診すると良いでしょう。

ニキビを皮膚科で治す方法

皮膚科では、ニキビをできにくくするビタミン剤や抗生物質の内服薬、ニキビの炎症を抑える外用薬、体質改善のための漢方薬などの薬が処方されます。

また、これらの薬を処方されるほかに面皰圧出器(アクネプッシャー)」という専用の器具でニキビをつぶす、ケミカルピーリングと呼ばれる薬剤を皮膚に直接散布する治療方法などがあります。

それぞれ詳しくみていきましょう。

面皰圧出

面皰圧出とはニキビをつぶして膿や皮脂、古い角質などを押し出す治療方法です。

保険が適用されるので皮膚科ではよく行われている治療方法の一つで、特にアクネ菌による炎症を起こす前の段階のニキビ、白ニキビ黒ニキビを治すのに効果があります。

痛みの感じ方には個人差がありますが、治療するためにはニキビに針かレーザーを使い穴をあける必要があるので痛みを伴う場合があります。

ニキビを潰す治療法と聞くと家で自分で爪を使ってニキビをつぶしても治せそうな気もしますが、自分でニキビを潰すと雑菌が入り込んで繁殖してしまい、余計にニキビが悪化するのでニキビを潰す際は必ず皮膚科に行きましょう。

ケミカルピーリング

ケミカルピーリングとは皮膚に酸性の薬剤を塗り古くなった角質や毛穴の詰まりを取り除く治療方法です。面皰圧出とは違い痛みを伴うことがなく治療することができますが、保険が適用されないためこの治療を施してくれる皮膚科の数は多くはありません。

この治療はアクネ菌による炎症を起こしていない白ニキビや黒ニキビから炎症が起きて膿が詰まっている黄ニキビや赤ニキビまで、どんな状態のニキビにも治療の効果があります。

医者によっては経験が不十分な場合があり、治療に時間がかかったり肌質・体質やニキビの状態に合わない薬剤を散布したのが原因であまり効果が出なかったりすることがあります。これを避けるためにも事前に病院に電話してケミカルピーリングを受けたいことを相談したり、お医者さんや病院の口コミを調査するのがおすすめです。

また、ケミカルピーリングの注意点は酸によって角質を破壊して治療するので、肌が荒れやすい敏感肌の方は施術後に外部からのダメージを受けて治療する前よりもニキビが悪化してしまう可能性があります。

ケミカルピーリングを行った後はできるだけ紫外線や乾燥などの外部の刺激から肌を守ってあげるようにしてください。

外用薬

皮膚科ではディフェリンジェル、ダランシンTゲル、リンデロンVG軟膏など市販されていない医療用医薬品を処方してくれることもあります。

ちなみに、ドラッグストアなどで売られているニキビ用の薬は一般用医薬品で、医療用医薬品を販売するには医師の診断と処方が必要です。

この外用薬は効果はあるのですが、その分副作用もあるのでお医者さんに自分の体質や肌質、以前に使って効果がなかった薬やクレンジング剤を事前に話し、じっくりと相談するようにしてください。

特に敏感肌の方は副作用が出て肌が荒れてしまいやすいので自分が敏感肌であることをできるだけ詳しく話し、場合によってはオーダーメイドの外用薬を処方してもらうことも視野に入れましょう。

体質や肌質に合っている薬を使った場合、すぐに良くなることもありますので、処方された薬で改善しない場合は薬を変えてみるのも1つの方法です。

外用薬を皮膚科で処方されたら塗る頻度や場所を自分の判断で勝手に変えたりせず、医者のに言われたとおりに使用するようにして下さい。

皮膚科で行われる主な治療は以上です。最近では美容外科や美容皮膚科で行われるホルモン療法が大人のニキビに効果があると注目されていますね。