赤ニキビの治し方と原因

赤ニキビ

赤く炎症している赤ニキビは、白血球がアクネ菌をやっつけようとしている証拠です。

赤ニキビは、皮脂と古い角質、毛穴の汚れなどが混ざり角栓となり雑菌が繁殖することで、炎症を起こして赤く炎症します。赤ニキビは、落としきれなかったメイク汚れや、皮脂汚れ、活発な皮脂分泌などが原因となるのですが、手で触り過ぎると悪化してしまうので気を付けましょう。

赤ニキビの原因

便秘

便秘になると、腸内に溜まった便が腐敗して、毒素を出します。発生した毒素は、腸壁に吸収して血液に流れ込んでいきます。そうなると、毒素が体全体に行き渡って、皮膚を通して排出しようとします。

その際に、毒素が肌に影響を及ぼして、ニキビや肌荒れの原因となるのです。便秘は、糖質の摂り過ぎやストレスなどの他に、冷えや睡眠不足でも起こります。腸内環境が悪玉菌寄りになってしまうと、太りやすくなって余計にニキビが出来てしまうのです。

日常生活でのストレス

イライラしたり、怒ったりすると、活性酸素が発生して、肌荒れの原因となります。

活性酸素が肌内部のコラーゲンを破壊して、肌が乾燥すると、肌表面を守ろうとして、皮脂分泌が過剰になります。そうなると、皮脂と古い角質が毛穴の中で混ざって、ニキビが発生しやすくなるのです。

また、女性の場合は、生理前になると女性ホルモンのバランスが急激に変化して、エストロゲンというホルモンが減少するとめするため、赤ニキビが出来やすくなります。リラックスを心がけて、ゆったり湯船に浸かったりするなどの気分転換で改善することができます。

食事

普段の食生活の中で、ニキビが出来やすい食べ物を食べてしまっている事が原因で赤ニキビができる場合もあります。

糖分を多く含むお菓子

甘い物を分解するには、ビタミンB1が必要です。同時に、腸の蠕動運動にもビタミンB1が必要となります。

大量に甘いものを食べると、腸の蠕動運動に必要なビタミンb1が不足して、便秘になりやすくなります。そうなると、腸内に溜まった毒素によってニキビが出来やすくなるのです。また、甘い物には、脂肪分がたくさん含まれていますので、皮脂がかじょうになってニキビができやすくなります。

アーモンドなどのナッツ類

アーモンドには、健康な肌を作るために必要なたんぱく質やビタミンEなどの栄養分が豊富に含まれています。

ですが、食べ過ぎるとカロリーオーバーとなって、ポツっとアゴやおでこなどに、ニキビが出来てしまいます。

お酒

お酒には、糖質が多く含まれています。それに加えて、お酒を飲む際にはから揚げなどカロリーの高いおつまみをどうしても食べてしまいます。そうなると、皮脂分泌が過剰となってニキビができやすくなります。

目立つ赤ニキビを治す方法

手で直接触らない

よく、頬杖を付いたり、何気なく鼻を手で触ってしまう人がいますが、手には雑菌が付いていますので、普段から手で顔を触らないように気を付けましょう。それから、ニキビを治そうとして頻繁に洗顔をするのも良くありません。過剰な皮脂分泌を気にして何度も洗顔すると、必要な皮脂まで取り除かれてしまいます。

そうなると、肌を守ろうとして余計に皮脂分泌が過剰になり、ニキビが出来やすくなります。

ニキビを治すためには、保湿ケアがポイントとなります。保湿をして、肌の皮脂バランスを整えることで、過剰な皮脂分泌を抑えることが出来るからです。

使用する化粧水やクリームには、ニキビの炎症を抑えるグリチルリチン酸やビタミンC誘導体などが配合されているものを選びましょう。

食生活を見直す

無理な食事制限をしてダイエットをすると、便秘になったり肌に栄養が行き渡らなくなって、ニキビが出来やすくなります。

便秘を改善してニキビを治すためには、水溶性食物繊維と不溶性食繊維をバランスよく摂ることと、ヨーグルトなどの発酵食品を食べることです。

同時に健康な肌を作るためには、たんぱく質をしっかり食べることも大切です。食事からしっかり栄養補給することが難しい場合は、サプリメントでビタミンCやビタミンEなどを補給しましょう。

生活習慣を正す

不規則な生活による睡眠不足は、血行を悪くして栄養を肌に届けることが不十分になってしまいます。それから、就寝ギリギリまで何かを食べている状態は、脂肪が溜まりやすいだけでなく、ぐっすり眠ることができなくて、体の疲れが取れにくくなり、血行不良となります。また、運動不足も血行不良となり、便秘や血行不良の原因となります。睡眠時間をしっかり取って、定期的な運動を行うと、代謝が良くなって赤ニキビも出来にくくなります。

皮膚科で診てもらう

繰り返し出来る赤ニキビは、お手入れが手遅れになると、シミになってしまいます。そうならない前に、皮膚科で赤ニキビの治療をするのも一つの方法です。赤ニキビは、治ってもいつまでも赤く跡が残る場合が多くあります。そんな時は、美容クリニックの光照射で赤みを改善することもできます。