黄ニキビの治し方と原因

黄ニキビ

ニキビが膿を持った状態の黄ニキビは潰してしまうとニキビ跡になる厄介なニキビです。今回はそんな黄ニキビを跡が残らないようにきれいに治す方法を紹介します。

黄ニキビとは

黄ニキビとはアクネ菌が炎症を起こした赤ニキビが悪化し、膿が毛穴に収まりきらなくなり肌の表面まで漏れてしまった状態のニキビのことを指します。

おでこやあごにできやすく痛みを伴うことがよくあり、無理やりつぶして治そうとすると確実にニキビ跡が残るのでつぶしてはいけません。

また、黄ニキビができたまま放置してしまうとアクネ菌による炎症が肌の奥深くまで進行し、膿と血液が混ざって紫色に見える紫ニキビに悪化する可能性があります。

黄ニキビの原因

黄ニキビができるのは黄ニキビの前の段階である赤ニキビが悪化することが原因です。赤ニキビを治そうとして白血球がアクネ菌や黄色ブドウ菌と戦い、死骸となった白血球と皮脂が混ざり膿となって黄色の膿になります。

この膿がニキビの先端部分まであふれ出してくると「黄ニキビ」になるんです。

先端部分に膿が詰まっているので膿を潰して押し出してしまいたくなりますが、先ほども述べたようにニキビ跡になったり色素沈着してしまう可能性があるので潰すのは厳禁です。

すべての種類のニキビに共通する原因としては睡眠不足、生活習慣の乱れ、ストレスなどによるホルモンバランスの乱れがあげられます。

黄ニキビの治し方

皮膚科で炎症を抑えてもらう

黄ニキビの治し方としてはまず第一に炎症を抑えることです。黄ニキビより前の段階である白ニキビや黒ニキビ、赤ニキビは自宅での洗顔などのケアだけで治すこともできますが、黄ニキビの場合はまずは皮膚科に行き炎症を抑えてからでなければ市販の化粧品も効果が出ません。

皮膚科で行われる治療にはニキビの状態によって異なるので何とも言えませんが、一般的な黄ニキビであれば塗り薬タイプの抗生物質を処方してもらう場合が多いと思います。

有名なものでは「エリスロマイシン」や「テトラサイクリン」などがあり、黄ニキビの炎症を抑えるのに役立ちます。塗り薬の種類によっては刺激が強いものもあるので、敏感肌の方はあらかじめドクターにその旨を知らせておくようにしましょう。

洗顔方法・スキンケアを見直す

皮膚科で塗り薬を処方してもらい、炎症を抑える治療を始めると同時に毎日の洗顔方法を見直しましょう。スキンケアがいい加減だとせっかく炎症を抑えることができても、再び黄ニキビができてしまうなんてことにもなりかねません。

ニキビができにくいベストなのはは乾燥しすぎずべったりしすぎない状態の肌です。ニキビというと皮脂が原因でできるイメージがあり、一日に何回も洗顔をしたくなるかもしれませんが、洗顔は一日朝と夜の2回で構いません。

また、脂性肌、男性の方であっても乾燥もニキビができる原因になるので化粧水や美容液で保湿するようにしてください。

自分に合った化粧品の選び方のコツとしては自分の肌のタイプにあった化粧品を選ぶことです。それぞれの肌の種類別のニキビケア方法やおすすめの化粧品は別記事でまとめたのでそちらもぜひ参考にしてください。

乾燥肌のニキビの治し方

2016.09.03

脂性肌のニキビの治し方

2016.09.10

生活習慣を見直す

基本的な生活習慣を見直すことで黄ニキビの治りを早くすることができる上にニキビ予防にもなります。

まずは今日からでもできる睡眠時間を6時間以上とる、夜更かししない、といったことから始めてみましょう。睡眠時間を確保することでホルモンバランスの乱れを治すことができ、同時にニキビの原因となるストレスも解消できます。

食事も油分を過剰摂取してしまう外食やコンビニ弁当、ジャンクフードを避けてビタミン類を積極的に摂取するように心がけましょう。サラダにかけるドレッシングもノンオイルのものを使うのがおすすめです。

また、お菓子やスイーツには糖質が大量に含まれています。糖質を過剰摂取するとニキビを治すのに効果があるビタミンBが糖質の分解に使われてしまい肌が荒れてしまうので糖分が大量に含まれているスイーツやお菓子はできるだけ避けるようにしましょう。